JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

人工衛星はなぜ回る

シェア

関連情報

ものを投げる速度が速いほど、遠くへ飛ぶ

ボールを水平に投げた場合、投げたときの速度が速いほどボールは遠くへ飛び、その軌跡(きせき)は、地球のカーブに近づいていきます。地表に空気の抵抗がないとして、高い山の上からボールを投げると、その速度が遅いときはボールはやがて地面に落ちてしまいますが、投げる速度を速くしていくと、ボールの落ちる場所はだんだん遠くなり、ついに地球を1周するようになります。このボールが「人工衛星」なのです。

秒速7.9kmを超えると「人工衛星」になる

ボールを秒速7.9km(時速約28,000km)を超える速さで投げると、地上に落ちないで地球を回りはじめます。空気抵抗がなければ、このボールは、投げたときと同じ速度で永久に地球のまわりを回ることになり、「人工の月」すなわち「人工衛星」ということができます。人工衛星は、「地球の引力から飛び出そうとする力」と「地球が引きつける力」がつり合っているので、落下せずに地球のまわりを回っているのです。