JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

スカウト

シェア

関連情報

分類:ロケット
名称:スカウト(Scout)
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
開発機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ場所: バンデンバーグ空軍基地/ワロップス飛行施設/サンマルコ射場
運用開始年: 1960年
運用終了年: 1994年

スカウトは、日本のM(ミュ−)と並ぶ全固体推進剤ロケットの本格的な衛星打ち上げ機です。スカウトの開発は、1958年にNACA(全米航空諮問委員会)によって始められ、NASA(航空宇宙局)に開発が引き継がれました。スカウトの初号機は1960年7月に試射され、1961年2月にはエクスプローラー9の打ち上げに成功しました。それ以降1994年に最終の118号機が打ち上げられるまで、NASAの小型衛星打ち上げ機として活躍し、科学衛星や軍事衛星、外国の衛星などを打ち上げてきました。スカウトはNASAのワロップス飛行施設や空軍のバンデンバーグ空軍基地の他に、ケニア沖のインド洋上にイタリアが建設したプラットフォームのサン・マルコ射場からも打ち上げられました。この間に改良が重ねられて、初期型の衛星機動投入質量60kgは、最終のG-1型では208kgにまで向上しています。

1.どんな形をし、どんな性能を持っているの?
スカウトは全固体推進剤の4段式ロケットで、1972年に登場したD型では全長22.2m、直径1.15m、離昇重量は21.5tになります。ロケット・モーターの推力は第1段が63.5t、第2段が27.2t、第3段が9.5t、第4段が2.5tになります。高度480kmの軌道に投入出来る質量は177kgです。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
第1段燃焼時間は82秒、第2段は40秒、第3段は40秒、第4段は31秒になります。

3.どんなものを打ち上げたの?
エクスプローラー、トランジット、サン・マルコ、ESRO、エイリアルがあります。

4.どのくらい成功しているの?
1960年から1994年までの間に118回打ち上げられて、失敗は14回です。打ち上げ成功率は88.1%になり、1976年5月の94回目の打ち上げ以降はすべて成功しています。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
アメリカ空軍はほぼ同じ型をブルー・スカウト(SRM-89/90/91/92)として採用し、1970年までに28機打ち上げています。