JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ちょうこくしつ座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:ちょうこくしつ座(彫刻室座)
学名:Sculptor
小分類:南半球
構成する主な星雲、星団、恒星:NGC253(渦巻き星雲)/NGC288(球状星団)
神話の主な登場人物:―
日本で観測できる時期:10月~1月の約4ヵ月間
見ごろの季節:秋(20時正中は11月下旬)

ちょっと変わった名前ですが、彫刻をするためのアトリエである「彫刻室」と名づけられた星座です。実際にはとがった四角形のような形をしていて、星座から彫刻室を想像するのはほとんど不可能でしょう。くじら座の南にありますが、4等星と5等星でできているので暗くて見つけにくいと思います。ただ、望遠鏡での観測ではくじら座との境に、球状星団NGC288や渦巻き星雲NGC253を観測することができます。

1.見つけ方のポイント
秋の終わりの南の空に昇る星座です。みなみのうお座の1等星フォーマルハウトのすぐ東を見ると、4角形の一辺に3角形を足したような、とがった4角の形をした星の集まりが見つかります。それがちょうこくしつ座です。ただし、4等星、5等星が多い暗い星座ですので見つけにくいでしょう。

2.神話の内容について
18世紀にフランスの天文学者ラカーユによって作られた星座で、神話とは関係ありません。彫刻をする部屋、「彫刻室」と名づけられました。星図では、三脚の台の上に胸像が乗っており、ノミなどの彫刻用具がその周りに置かれていますが、星座の形とはあまり関係がありません。名づけられた当初は「彫刻家のアトリエ」とされていました。

3.同じ時期に見える星座について
秋の南の空に現われる星座ですので、秋の星座と一緒に見ることができます。まず、北にはくじら座みずがめ座、西にはみなみのうお座やぎ座つる座を見ることができます。また南にはほうおう座、東にはエリダヌス座やろ座を見ることができます。

4.主要都市での観測について
日本全国で観測できますが、南の空低くに現われる暗くて見つけにくい星座ですので、よく見るためにはできるだけ南の土地へ行った方が良いでしょう。

※参考文献:「星座クラブ」沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑」藤井旭著(成美堂出版)、「星座・夜空の四季」小学館の学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行」瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド」沼澤茂美、脇屋奈々代著(ナツメ社)