JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

たて座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:たて座(楯座)
学名:Scutum
小分類:北半球
構成する主な星雲、星団、恒星:M11(散開星団)/M26(散開星団)
神話の主な登場人物:−
日本で観測できる時期:6月〜11月の約6ヵ月間
見ごろの季節:夏(20時正中は8月下旬)

いて座の北側にある小さな星座で、17世紀の学者ヘヴェリウスによって命名されました。5つの星が、十字架をあしらった楯の形をとるとされますが、星座自体は暗くて形を見つけることは難しいでしょう。ただ、たて座付近は、天の川が明るく流れている場所です。いて座付近の明るく幅のある銀河より少し狭くなっているので、この近辺は「スモールスタークラウド(小さい星の雲)」と呼ばれています。

1.見つけ方のポイント
いて座から北方向へ天の川をたどっていくと、4等星と5等星で作られた、細長い十字架のような形をした星の集まりがあります。それがたて座です。暗く小さい星座なので、見つけるのは難しいでしょう。また、わし座の1等星アルタイルから、天の川に沿って南へ目を下ろして行ってもたて座にたどりつきます。

2.神話の内容について
たて座は、17世紀のポーランドの学者、ヨハンネス・ヘヴェリウスによって命名された星座で、剣から身を守る楯をかたどっています。もとは「ソビエスキーのたて座」という名前で、1683年にウィーンへ攻め込んできたトルコ軍と戦い、これを打ち破ったポーランドの英雄、ヤン3世ソビエスキーを記念したものです。現在では単に、たて座と呼ばれています。ギリシャ神話などとは関係ありません。

3.同じ時期に見える星座について
天の川に沿って、北にはわし座、南にはいて座さそり座が見られます。また、東側にはやぎ座、西側にはへびつかい座やへび座を見ることができます。

4.主要都市での観測について
全国で見ることができますが、暗い星ばかりなので確認は難しいでしょう。

※参考文献:「星座クラブ」沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑」藤井旭著(成美堂出版)、「星座・夜空の四季」小学館の学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行」瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド」沼澤茂美、脇屋奈々代著(ナツメ社)