JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

SELENE2

シェア

関連情報

分類:月・惑星探査

日本では「かぐや」(SELENE)に続く月探査計画として、月着陸探査機SELENE2の検討を行っています。実施目標時期は2010年代中頃です。

月がどうやってできたのか、その後どのように進化したのか、そして今どうなっているのか、謎が多く残っています。「かぐや」による詳しい観測によって、外から見てわかる多くのことが解明されています。次は、月の内部の調査が必要です。月の表面はレゴリスといわれる砂で覆われていますが、その下はどうなっているのでしょうか、もっと深くは……。そのため、SELENE2では、月面に着陸して移動ロボットを使って周辺を詳しく調べます。表面のレゴリスを払い落として岩石の真の姿を観測したり、地中の構造を調べる観測を計画しています。

また月は、国際協力で月面基地を造り、宇宙飛行士が長期間滞在する計画があります。将来は、月面に天文台を作って天体観測を行う計画もあります。月面での放射線環境は?レゴリスが付着する影響や除去方法は?建物を建てたりする地盤は大丈夫?水や建設材料など、現地で利用できる資源はあるの?といった調査を事前に行っておく必要があります。

このような調査を行うための技術を開発し、実証しておく必要があります。日本はまだ、月面に軟着陸したことはありませんし、天体表面を移動して探査したこともありません。このような技術は、月探査に限らず、火星やその他の天体の探査にも必須です。そしてSELENE2で開発する調べたい地域に高精度で着陸したり、天体の内部について詳しく調べる技術は、世界的にも最先端です。将来、国際月面基地を造る際には、日本としては、このような技術を持って参加する必要があるでしょう。