JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

へび座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:へび座(蛇座)
学名:Serpens
小分類:南半球
構成する主な星雲、星団、恒星:M5(球状星団)/M16(散開星団)/ウヌハルカイ(アルファ星)/アリア(シータ星)
神話の主な登場人物:アポロン/アスクレピオス/ケイローン/ゴルゴン/ハーデス/ゼウス
日本で観測できる時期:4月〜10月の約7カ月間
見ごろの季節:夏(20時正中は頭部が7月中旬、尾部が8月下旬)

へび座は、へびつかい座に挟まれているため、頭と尾の2つの部分に分かれる珍しい星座です。古代バビロニア時代には、この2つの星座はひとつでしたが、いつの間にかへび座が独立しました。夏になると、南の空高く、さそり座の上に輝いています。3等星と4等星ばかりなので、明るく見やすいとはいえませんが、割と見つけやすい星座です。

1.見つけ方のポイント
へび座はへびつかい座の左右に連なる星座ですので、まずへびつかい座を見つけるのが良いでしょう。へびつかい座は、さそり座の上(北)にある星座で、ちょうど野球のホームベースのような5角形をしています。へび座は、その5角形の右上から北に向かって、頭の部分を伸ばしています。また、5角形の左下から南へ向かって、長い尾っぽを伸ばしています。

2.神話の内容について
へび座の蛇は、へびつかい座になった名医アスクレピオスがつかんでいる蛇を表しています。昔は、蛇は健康のシンボルとされていました。アポロンの子アスクレピオスは、幼い頃、半人半馬のケンタウロス族の1人で、医術を良く知るケイローンに預けられます。ケイローンから医術を教わったアスクレピオスは、やがて名医となり、ついには怪物ゴルゴンの血を使って死者を生き返らせるまでになりました。しかし、そのため死の国の王ハーデスの怒りをかい、ついにはゼウスの雷を受けて死んでしまいました。アスクレピオスは、死後、へびとともに天にのぼって星座になったということです。

3.同じ時期に見える星座について
へび座は東西に長い星座なので、いろいろな星座と接しています。まず、すぐ南にはさそり座があります。へび座の頭の部分の南には、てんびん座があり、北にはかんむり座やヘラクレス座が見えます。また、尾の部分の東には天の川が流れており、南のいて座、東のたて座わし座といった、天の川の中にある星座を一緒に見ることができるでしょう。

4.主要都市での観測について
日本全国で良好に観測することができます。

※参考文献:「星座クラブ」沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑」藤井旭著(成美堂出版)、「星座・夜空の四季」小学館の学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行」瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド」沼澤茂美、脇屋奈々代著(ナツメ社)