JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ろくぶんぎ座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:ろくぶんぎ座(六分儀座)
学名:Sextans
小分類:南半球
構成する主な星雲、星団、恒星:―
神話の主な登場人物:―
日本で観測できる時期:2月〜6月の約5カ月間
見ごろの季節:春(20時正中は4月下旬)

昔、天体観測に用いたり、星の位置を調べて船の位置を知るのに使われた「六分儀」という器具を星座に見立てたものです。星の並びは扇を開いたような形をしており、六分儀に似ています。しかし星座が小さい上、構成する星が4等星ばかりと暗いので、実際には見つけにくいでしょう。17世紀にポーランドの天文学者ヘヴェリウスが作りました。

1.見つけ方のポイント
春の南の空に昇る星座です。うみへび座の前半分のあたり、アルファ星コル・ヒドレからちょっと東へ目を向けてみると、4等星と5等星が作る扇のような形をした星の集まりが見つかります。それがろくぶんぎ座ですが、なにぶん暗いため見つけにくいでしょう。

2.神話の内容について
ろくぶんぎ(六分儀)というのは、昔、星の高さや星と星との間の角度を測るのに使われた器具のことです。天文観測に使う他に、船乗りたちが航海中に星の位置を調べて、自分たちの船の位置を調べるのに使いました。ですから、神話とは関係ありません。この星座は、17世紀のポーランドの天文学者ヨハンネス・ヘヴェリウスが、1690年に作ったものです。「ろくぶんぎ」の名は、彼が愛用していて火事で失った六分儀を記念したものだといわれます。

3.同じ時期に見える星座について
春の南の空に昇る星座で、春の星座たちと一緒に見ることができます。まず北にはしし座、西にはかに座ふたご座こいぬ座を見ることができます。また南にはうみへび座ポンプ座らしんばん座などがあり、東にはおとめ座の他、からす座コップ座を見ることができます。

4.主要都市での観測について
春の南の空に昇る星座で、日本全国で星座の全体が地平線の上に姿を現します。しかし暗い星が多いので形を探すのは難しいかもしれません。

※参考文献:「星座クラブ」沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑」藤井旭著(成美堂出版)、「星座・夜空の四季」小学館の学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行」瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド」沼澤茂美、脇屋奈々代著(ナツメ社)