JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

アトランティス号

シェア

関連情報

深海探査船「アトランティス号」にちなんだオービタ

4番目のオービタであるアトランティス号は、はじめて海洋学研究のために使用されたアメリカ船にちなんで名づけられました。研究船アトランティス号は1930年から66年に活躍し、2つの大きなウインチで数千mの深海から海水や海洋生物のサンプルを収集したり、ことなる深さの海水をサンプルとして回収して温度差などを調べ、海流の分析をおこないました。

1985年10月3日、アトランティス号の初飛行(STS51J)
1985年10月3日、アトランティス号の初飛行(STS51J)

1989年には探査機マゼラン、ガリレオを宇宙へ運ぶ

アトランティス号は1985年10月3日にはじめて打ち上げられました。1989年5月4日には金星探査マゼラン、その年の10月には木星探査機ガリレオを宇宙に送り出すのに成功しました。さらに1992年7月31日にはESA(欧州宇宙機関)の回収用衛星ユーレカの打ち上げにも成功しました。

アトランティス号から切りはなされる瞬間の金星探査丘マゼラン」(STS30)
アトランティス号から切りはなされる瞬間の金星探査丘マゼラン」(STS30)
アトランティス号から軌道投入される回収用衛星「ユーレカ」(STS46・想像図)
アトランティス号から軌道投入される回収用衛星「ユーレカ」(STS46・想像図)