JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ディスカバリー号

シェア

関連情報

イギリスの探検家クックの船にちなんで名づけられた

ディスカバリー号は、イギリスの探検家ジェームス・クックが1770年代に南太平洋を航海し、ハワイ諸島に到達した2隻の船、ディスカバリー号とエンデバー号にちなんでつけられました。ディスカバリー号ではアラスカや北カナダの探検も行ないました。アメリカ独立戦争のときにベンジャミン・フランクリンは、イギリスの船にもかかわらず、ディスカバリー号が科学の発展に貢献しているので、攻撃をしないように命令を出しました。ディスカバリーという名前は17世紀にヘンリー・ハドソンがハドソン湾を探検したときに用いた船にも使われています。また、19世紀に英国王立地理院が北極探検のために建造した船もディスカバリー号で、このディスカバリー号は現在も保存されています。

1984年8月30日、ディスカバリー号の初飛行(STS41D)
1984年8月30日、ディスカバリー号の初飛行(STS41D)

ハッブル望遠鏡の軌道設置などのミッション

ディスカバリーの最初の打ち上げは1984年8月30日でした。チャレンジャー号の事故から2年8ヵ月ぶりに打ち上げが再開されたときの最初のオービタでもあります。1990年4月24日にはハッブル宇宙望遠鏡の軌道投入に成功し、その年の10月6日には太陽探査ユリシーズを送り出すのにも成功しました。2005年7月打ち上げのSTS-114では野口聡一さんがミッション・スペシャリストとして搭乗します。

ディスカバリー号から切りはなされて軌道投入されるハッブル望遠鏡(STS31)
ディスカバリー号から切りはなされて軌道投入されるハッブル望遠鏡(STS31)
太陽探査機「ユリシーズ」(想像図)
太陽探査機「ユリシーズ」(想像図)