JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

エンデバー号

シェア

関連情報

最新鋭のオービタ「エンデバー号」

エンデバー号は、スペースシャトル計画の5機目のオービタで、イギリスの探検家ジェームス・クックが1770年代にディスカバリー号とともにハワイ諸島に到達したもう1隻の船の名にちなんでつけられました。この航海のとき、クックは金星太陽地球の間を不規則に通過しているのを観察しました。また、クックはこの航海で完全なニュージーランドの地図を作成し、オーストラリア東岸も調査しました。

1992年5月7日、エンデバー号の初飛行。エンジン点火の瞬間(STS49)
1992年5月7日、エンデバー号の初飛行。エンジン点火の瞬間(STS49)

400カ所以上の改良で、4週間の宇宙滞在が可能に

スペースシャトルエンデバー号は、1986年の事故で失われたチャレンジャー号の代替機として建造されました。外観からは今までのオービタと同じように見えますが、400ヵ所以上もの点で改良されました。たとえば、二酸化炭素除去装置と予備燃料タンクが増設されたことで、今までは10日間ほどだった宇宙での滞在時間が28日間まで延長できるようになりました。

日本の毛利若田宇宙飛行士も搭乗

エンデバーは1992年5月7日にはじめて打ち上げられました。また、1992年9月12日にはスペースシャトルに日本人宇宙飛行士毛利衛さんがペイロード・スペシャリストとしての乗り込み、さまざまな実験をしました。1993年12月2日にはハッブル宇宙望遠鏡の修理をおこないました。日本人初のミッション・スペシャリストである若田光一さんが1996年1月に乗り込んだオービタもこのエンデバーです。

宇宙空間に出てハッブル望遠鏡を修理する飛行士(STS61)
宇宙空間に出てハッブル望遠鏡を修理する飛行士(STS61)
実験中の毛利飛行士(STS47)
実験中の毛利飛行士(STS47)