JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

スカイラブ

シェア

関連情報

分類:宇宙ステーション

名称:スカイラブ
開発機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1973年5月14日
運用停止年月日:1974年2月8日(有人滞在計画終了)1979年7月11日(大気圏突入)
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げロケット:サターンV
国際標識番号:1973027A

人類初の月旅行をめぐるアメリカと旧ソ連の競争は、アメリカの勝利におわりました。しかし、ベトナム戦争と、これにともなう不景気のため、アメリカの宇宙計画は、アポロ以後、縮小をよぎなくされました。スペースシャトルの基本設計方針は1972年に決まったものの、この時期、アメリカには今すぐに、実現できる宇宙計画の見通しがたっていませんでした。そこで、アポロ計画の打ち上げロケットや宇宙船の予備部品を用いて、ソ連のサリュート宇宙ステーションよりも大型のステーションを建造するというプランに注目が集まりました。
スカイラブの本体は、アポロを打ち上げたサターンVロケットの第3段部をベースとしていました。第3段の燃料タンク部分の大きな空間を基地として用いるため、転用とはいえ、ソ連のサリュートよりもはるかに大きな居住空間を確保することができました。残る1段目と2段目により、スカイラブは軌道に打ち上げられました。宇宙飛行士は、アポロ宇宙船の、月面着陸船をのぞく、司令船と機械船とに乗り込み、サターンVロケットで軌道に上がり、スカイラブ本体とドッキング後、スカイラブ本体に乗り移るてはずになっていました。宇宙飛行士の帰還には、もともと大気圏突入用に作られていたアポロ司令船が使われる予定でした。
しかし、本体の打ち上げの途中で、太陽発電パネルのうち、側面から展開される2枚の片方が、隕石遮蔽膜の一部とともにもぎとられてしまいました。このため、宇宙飛行士の到着前の基地内の温度は52℃にも上昇してしまい、乗り込みに先立って、まず、宇宙ステーションの修理から始めなければなりませんでした。
滞在計画は3次におよび、1974年の終了後も、スペースシャトル完成後の訪問が予定されていましたが、1970年代末、太陽活動が活発化したため、地球の高層大気が膨張、大気抵抗が増加したため、最初の予定よりもはるかに早く、1979年7月に大気圏へ突入、消滅しました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
総重量76t、全長36m(ドッキング時)で、軌道作業室は全長約15m、直径6.6m、作業容積270m3、ドッキング・アダプターは全長5.7m、直径3m、作業容積343m3、太陽望遠鏡台座は全長約4m、直径約3m、アポロ司令船・機械船は全長約10m、直径約4mです。

2.宇宙でどんなことをして、今はどうなっているの?
長期間の宇宙滞在、とりわけ無重量状態が人間の体にもたらす影響の調査と、そのマイナス面の防止策、太陽望遠鏡による太陽観測、コホーテク彗星の宇宙からの観測、学生から公募した、無重量を利用するさまざまな実験など多数おこないました。
1974年2月に有人滞在計画を終了し、1979年7月に大気圏突入して、消滅しました。

3.この宇宙ステーションにのりこんだ宇宙飛行士は?
スカイラブ2には、チャールズ・C・コンラッド、ポール・J・ワイツ、ジョセフ・P・カーウィン(1973年5月25日~6月22日。28日49分)、スカイラブ3には、アラン・L・ビーン、ジャック・R・ルースマ、オーウェン・ギャリオット(1973年7月28日~9月25日。59日11時間9分)、スカイラブ4には、ジェラルド・P・カー、ウィリアム・R・ポーグ。エドワード・ギブスン(1973年11月16日~1974年2月8日。84日1時間16分)がのりこみました。

4.どのように地球を回るの?
高度435km、軌道傾斜角50度の円軌道を回っていました。