JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

小マゼラン星雲

シェア

関連情報

分類:銀河

名称:小マゼラン星雲(小マゼラン銀河)
小分類:不規則銀河
属する銀河群:局部銀河群
属する星座:きょしちょう座(巨嘴鳥座)(南天)

小マゼラン星雲は、大マゼラン星雲とともに南半球の空に見える不規則銀河です。16世紀初頭に、マゼランが世界周航の途上で発見したことからこの名が付きました。大きな大マゼラン星雲の近くに、小さく広がる小マゼラン雲を確認できます。大小マゼラン星雲と私たちの銀河系は、マゼラン流といわれるガスの糸でつながっています。マゼラン雲が銀河系の周囲を回るうちに異常接近し、両方の周辺部のガスが引きずり出されたものと見られています。

1.見つけ方のポイントは?
小マゼラン星雲が属する、きょしちょう座という星座は天球の南極付近にある小星座で、日本からはまったく見えません。秋の夕方に、南に低く見える、つる座のすぐ南にある暗い天体です。しかし、きょしちょう座の一部とされ南天の奇観として知られている小マゼラン雲は、南半球では天の川の近くに大マゼラン雲とともに、はっきりと見ることができます。暗い空では肉眼でも見ることができますが、星雲の北側の複雑な構造を知るには、望遠鏡(低倍率でも可)が必要です。

2.どのような特徴があるの?
小マゼラン星雲は不規則銀河の一種で、銀河系の1/6の大きさ、全体の明るさは2.4等です。大マゼラン星雲とともに連銀河を形成しています。マゼラン星雲はガス量が豊富で、現在でも新しい星が作られ続けています。

3.どれくらいの大きさなの?
視直径280´×160´。実際の大きさは直径約1万~1万5,000光年くらいです。

4.地球からはどれくらい離れているの?
20万光年

※参考文献:河島信樹・監修/三品隆司ほか編「スペース・アトラス」PHP研究所、パトリック・ムーア編/中村士ほか訳「ギネスワールド天文と宇宙」講談社、小平桂一ほか編「平凡社版天文の事典」平凡社、原恵「新装改訂版星座の神話」恒星社厚生閣