JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

野口聡一

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前:野口聡一(Soichi Noguchi)
性別:男
国名:日本
生年:1965年(神奈川県横浜市)
所属宇宙機関:宇宙航空研究開発機構(JAXA)
飛行実績:スペースシャトル(STS-114/ディスカバリー号)

1991年、東京大学大学院工学系研究科航空学専攻博士課程を修了し、石川島播磨重工業株式会社(現 株式会社IHI)に入社しました。
1996年5月に、国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟の組み立てや運用を行うための宇宙飛行士に選ばれ、1998年4月にNASAミッションスペシャリスト(MS/搭乗運用技術者)に認定されました。

2005年7月26日、スペースシャトルSTS-114(ISS組み立てミッションLF1)で初飛行しました。これは2003年2月1日のスペースシャトルSTS-107コロンビア号の空中分解事故後、再開された最初のスペースシャトルの打ち上げです。野口宇宙飛行士スペースシャトルの安全確認のための打ち上げ時の外部燃料タンクのビデオ撮影や、3回の船外活動(EVA)のリーダーとして、軌道上でスペースシャトルの耐熱タイルの補修検証試験、ISSの姿勢制御装置などの交換や機器の取り付けと回収を行いました。日本人として初めてISS船外活動を行い、船外活動の延べ時間は20時間5分でした。

2007年2月、ISS第18次/第19次長期滞在クルーになった若田光一宇宙飛行士の、バックアップクルーに任命されました。

2009年12月に日本人初のソユーズ宇宙船フライトエンジニアとして、ソユーズTMA-17宇宙船(ISS組み立てミッション21S)に搭乗。第22次/第23次長期滞在クルーのフライトエンジニアとしてISSに約5ヵ月半滞在し、「きぼう」日本実験棟ロボットアームの子アーム取付けや実験運用などを実施しました。