JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

日食と月食

シェア

関連情報

地球太陽のまわりを公転し、月は地球のまわりを公転しています。そのため太陽地球と月の位置によって、日食や月食といった現象が起きるのです。

月が太陽を隠す日食

日食とは、見かけ上、月が太陽を隠す現象です。月が太陽地球の間にきたとき、つまり新月のときに、月の影が地球に落ちて日食が起こります。しかし、新月のたびに日食が起こるわけではありません。これは、地球の公転軌道と月の公転軌道の傾きのあいだにわずかなずれがあるためです。そのため、多くの場合は月の影が地球の上や下を通り、日食が起こらないことのほうが多いのです。また、月の影は小さく、地球上のわずかな場所にしか落ちないため、日食を見ることのできる地域や時間は限られています。

日食。太陽を取りまくコロナのようすがはっきり見えます。
日食。太陽を取りまくコロナのようすがはっきり見えます。

太陽と月の位置で決まる日食のようす

太陽と月の見かけの大きさがほぼ等しいために日食は起こりますが、月と太陽の軌道上の位置の変化により、日食のようすもちがってきます。地球太陽のまわりを公転していますが、その軌道の形がわずかに楕円であるため、季節によって太陽からの距離が異なります。月も同様にして、地球からの距離が変化します。そのため、両者の見かけの大きさが変化し、日食のようすが変わってくるのです。太陽よりも月のほうが見かけの大きさが大きい場合、太陽がすべて隠される「皆既日食」となります。このときはコロナを見ることができます。逆に、月よりも太陽のほうが見かけの大きさが大きい場合は「金環日食」となります。また、月が太陽をかすめるような場合、太陽をぜんぶ隠さずに「部分日食」となります。

地球の影が月を隠す月食

月食とは、地球の影が月を隠す現象です。地球太陽と月の間にきたとき、つまり満月のときに、地球の影が月に落ちて月食が起こります。月食も日食同様、満月のたびに月食が起こるわけではありません。月食は日食と異なり、月が出ている場所であればどこででも月食を見ることができます。

地球の影の通り道で決まる月食のようす

月食の見え方も、月が地球の影のどの部分を通るかによってちがってきます。太陽は点光源ではなく面積をもって見えますので、月から見て太陽がまったく見えなくなる「本影」と、太陽の一部が見えている「半影」とがあります。月全体が本影に入ったときは月がすべて隠され「皆既月食」となります。しかし、月が見えなくなるわけではありません。地球には大気があるため、そこで屈折した太陽の光が月に届くためです。地球の大気中を通る際に青っぽい光は吸収されてしまうため、皆既月食中の月は赤銅色に見えます。月の一部しか本影に入らないときは、月の一部が欠ける「部分月食」に、半影にしか入らない場合は「半影月食」となります。半影月食は、月がわずかに暗くなる程度で肉眼ではほとんど見分けることができません。

星も月に隠される

日食や月食があるのと同じく、月が恒星や惑星を隠してしまう現象もあり、前者を「星食(せいしょく)」、後者を「惑星食(わくせいしょく)」といいます。このようすは、月の満ち欠けによってもさまざまですが、三日月や上弦の月のころは見えやすく、1等星などの星食の場合、望遠鏡を使えば昼間でも見ることができます。星食は、望遠鏡を使えば年に100回以上見ることが可能で、星々が月に隠れるようすは興味深いものがあります。星や惑星が月のどの部分を通るかは観察する場所によって異なり、各地で観察した様子を合わせることによって、月の縁の凹凸を詳細に調べることもできるのです。なお、天体が別の天体に隠される現象のことを、まとめて「掩蔽(えんぺい)」と呼びます。