JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

宇宙葬

シェア

関連情報

月面に葬られたシューメイカー博士

1999年7月31日、アメリカが打ち上げた月探査ルナプロスペクターが周回軌道での観測を終え、月面のクレーターに激突しました。この探査機には、1997年に亡くなったアメリカの天文学者、ユージン・シューメイカー博士(木星に衝突したシューメイカー・レビー第9衛星の発見者)の遺灰の一部が積み込こまれており、地球以外の天体で葬られる初めての例となりました。遺灰を積み込んだのは博士の教え子たちで、もともとクレーター研究の第一人者で、自ら月へ行くことを願っていた博士の思いは、月面への衝突によってかなえられました。

ユージン・シューメイカー博士の遺灰の一部がつみこまれた月探査機ルナプロスペクター(想像図)
ユージン・シューメイカー博士の遺灰の一部がつみこまれた月探査機ルナプロスペクター(想像図)

「月面葬」ビジネスも出現し賛否両論

アメリカのベンチャー企業セレスティス社は、月に遺灰を送る「月面葬」ビジネスを始めると発表し、近い将来民間ロケットを打ち上げる構想をたてました。費用はひとり100万円です。遺灰7グラムをカプセルにおさめ、200人分を送る計画で、2003年までに4回の打ち上げを行いました。日本人13人を含む約100人の遺灰を地球を周回する軌道に打ち上げています。
こうした「宇宙葬」や「月面葬」に対しては、賛否両論があります。シューメイカー博士の場合にも、他の天体に地球からのゴミを持ち込むべきではないという批判の声があがったほか、月の利用に関する国際ルールを決めることが先決だという意見も出されるなど、さまざまな議論をよんでいます。