JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

日本の宇宙開発の歴史 21世紀

シェア

関連情報

2001(平成13)年

1月
宇宙科学研究所、中央省庁再編に伴い文部科学省の所管となる。
4月
航空宇宙研究所、独立行政法人航空宇宙技術研究所となる。
8月
純国産ロケットH-IIAロケット試験機1号機打ち上げ成功。
レーザ測距装置(LRE)分離に成功。

2002(平成14)年

2月
H-IIAロケット試験機2号機で民生部品・コンポーネント実証衛星(MDS-1)「つばさ」および高速再突入実験機(DASH)の打ち上げに成功。
9月
H-IIAロケット3号機でデータ中継技術衛星(DRTS)「こだま」および次世代型無人宇宙実験システム(USERS)を打ち上げ。
10月
NAL、高速飛行実証実験I(HSFD1)実施。無人自律機による着陸場の地上設備の検証。
12月
H-IIA-4ロケットで環境観測技術衛星「みどりIIADEOS-II)」および小型副衛星3機<マイクロラブサット1号機、豪州小型衛星(FedSAT)、鯨生態観測衛星(WEOS)>を打ち上げ。

2003(平成15)年

3月
H-IIAロケット5号機で情報収集衛星打ち上げ。
5月
M-Vロケット5号機で工学実験・小惑星探査機「はやぶさMUSES-C)」打ち上げ。
7月
高速飛行実証実験II(HSFD2)実施。遷音速における空力特性推算技術の検証。
10月1日
日本の宇宙3機関(宇宙開発事業団宇宙科学研究所航空宇宙技術研究所)が統合し、独立行政法人「宇宙航空研究開発機構」(JAXA: ジャクサ)発足。
世界宇宙飛行士会議の開催。
10月31日
みどりII」の運用終了
11月
情報収集衛星を搭載したH-IIAロケット6号機の打ち上げ失敗。
12月
のぞみ」の火星周回軌道投入断念

2004(平成16)年

5月
小惑星探査機「はやぶさ」地球スイングバイ
6月
H-IIA6号機事故調査報告書がまとまる
11月
JAXA新理事長に立川敬二就任

2005(平成17)年

2月
運輸多目的衛星新1号(MTSAT-1R)を搭載したH-IIAロケット7号機の打ち上げに成功。
衛星は「ひまわり6号」と名付けられる。