JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

スペースシャトルの機体

シェア

関連情報

オービタ、外部液体燃料タンク、固体ロケット・ブースタ-3つの構成要素からなるスペースシャトル

スペースシャトルは、3つの部分から構成されています。オービタ(宇宙飛行士と荷物を運ぶ宇宙船)と、それを打ち上げるための外部液体燃料タンク、2基の固体ロケット・ブースタです。

オービタは三角の翼がついた航空機のような形で、中型旅客機ほどの大きさです。長さは37m、翼の幅24m、重さ85トンです。オービタの前部はコックピットで、気密室のため宇宙服なしで生活できます。

オービタの後部には、メインエンジン3基と軌道制御用小型エンジンが積まれています。外部燃料タンク(オレンジ色のタンク)はスペースシャトルの中では最大のもので、長さが47m、直径は8.4mあります。タンクの内部は、オービタメインエンジンの燃料と酸化剤となる液体水素タンクと液体酸素タンクの2つに分割されています。外部燃料タンクのオレンジ色は、液体水素や液体酸素が摂氏マイナス200度程度の極低温ですから、外気との断熱のために塗布された材料の色です。

2基の固体ブースタ(白いロケット)は、外部燃料タンクの両わきをはさむように取り付けられています。それぞれの長さが46m、直径は3.7mです。1,500トンの推力を生み出しスペースシャトルを高度およそ40kmまで上昇させます。スペースシャトル全体では長さ56m、高さ23m、総重量2,000トンです。そのうちの約1,800トンが、液体燃料と固体燃料です。

発射台に固定されたスペースシャトル
発射台に固定されたスペースシャトル