JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

スペースシャトル計画

シェア

関連情報

スペースシャトルは、NASAが開発した再使用型輸送機です。最大7人のクルーとペイロードを搭載したスペースシャトルは、米国フロリダ州NASAケネディ宇宙センターからロケットのように打ち上げられ、同センター(悪天候の場合の代替着陸地は、カリフォルニア州のエドワーズ空軍基地内のドライデン飛行研究センター(DFRC)、ニューメキシコ州のホワイトサンズ試験施設)に着陸します。1981年4月12日、「コロンビア号」がスペースシャトルとして初めて飛行に成功しました(STS-1)。2007年3月までに117回のフライトが行われています。

全長は56.1m、オービタの翼幅は23.8m。大きく3つの構成要素からなります。まず宇宙飛行士が搭乗し、再使用可能な「オービタ」、オービタのメインエンジンのための燃料を搭載し、打ち上げから8.5分後に切り離される「外部燃料タンク」、そして外部燃料タンクの両脇に二本あり、打ち上げ後約二分間のほとんどの推力を担う「固体ロケットブースタ」の3つです。
スペースシャトルは無重力環境を利用した宇宙実験や、ハッブル宇宙望遠鏡の修理、軌道上からの衛星打ち上げ、国際宇宙ステーションの建設、などのミッションを行ってきました。日本人宇宙飛行士も5人が8回搭乗しています。
当初、スペースシャトルは機体を繰り返し利用することによって、打ち上げ費用を削減できることを目的としていたものの、1986年1月にチャレンジャー事故、2003年2月にコロンビア号事故で宇宙飛行士の命が失われ、事故原因究明や安全対策に時間がかかり、打ち上げコストも増大しました。
現在は、「アトランティス」「エンデバー」「ディスカバリー」の3機で、主に国際宇宙ステーションの物資補給ミッションに使われていますが、2010年に引退することになっています。