JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

スポット5

シェア

関連情報

分類:人工衛星
名称:スポット5/SPOT5(Satellite Probatoire d'Observation de la Terre 5)
小分類:地球観測衛星
運用機関・会社:フランス国立宇宙研究センター/CNES
打ち上げ年月日:2002年5月4日
打ち上げ国名・機関:フランス
打ち上げロケット:アリアン4 (V151)
打ち上げ場所:ギアナ宇宙センター
国際標識番号:02021A

スポットはフランスのアルカテル社が作った宇宙から地上の写真を撮影するリモートセンシング衛星です。5号は商業用では世界最高の解像度を持ち、白黒の状態のときは、832kmの上空から地上にある2.5mの物体まで識別できます。スポットのセンサ(衛星写真カメラ)は従来の衛星と違い、向きを変えられるので幅2,250kmもの範囲を撮影できます。また、2台並んだセンサで少し違う角度から同じ場所を撮影し、立体画像を作れます。
撮影した写真は、アメリカのスポットイメージ社によって販売されています。

1.どんな形をして、どのような性能を持っているの?
幅3.1m、高さ3.1m、長さ5.7mで、太陽電池パネルの幅は8m。重量は3,030kgです。
搭載されているカメラは1~4号の倍の解像度を持つHRGが2基とステレオ撮影用のHRSが1基、植物分布写真専用のVEGITATIONが1基です。

2.どんな目的に使用されるの?
スポット5が可視光や赤外線で撮影した地球表面の写真は、世界一高精度な商用衛星写真として一般に販売されています。写真は石油などの資源の探索、農作物の収穫予想、環境調査、軍事目的など、さまざまな用途に利用されます。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
2号、4号とともに、現在も撮影を続けています。3機で世界中をカバーし、世界のどこでも指定された日の写真を撮影できます。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
スポット1号、スポット2号、スポット3号、スポット4号があります。

5.どのように地球を回るの?
高度832km、軌道傾斜角98.7度の地球を101分で回る太陽同期軌道を周回します。約26日で同じ時刻に同じ地点を通過します。