JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

スプートニク1号

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:スプートニク1号(putnik1)
小分類:科学衛星
開発機関・会社:ソ連科学アカデミー
運用機関・会社:ソ連科学アカデミー
打ち上げ年月日:1957年10月4日
運用停止年月日:1958年1月4日
打ち上げ国名・機関:旧ソ連/ロシア宇宙庁(RKA)(現在のロシア航空宇宙局(Rosaviakosmos))
打ち上げロケット:A(SL-1)
打ち上げ場所:チュラタム射場(バイコヌール宇宙基地)
国際標識番号:1957001B

人類が本格的な宇宙開発に乗り出したのは、1950年代のことです。アメリカを中心とする資本主義陣営と、旧ソ連を中心とする社会主義陣営との対立が深まる中で、宇宙開発は文字通り米ソの威信と覇権を賭けた競争の色合いを帯びていました。相手陣営に先んじて、宇宙への一番乗りを果たしたのは、旧ソ連でした。ソ連は1957年10月4日、人類初の人工衛星となったスプートニク1号の打ち上げに成功し、これによって宇宙時代の幕が切って落とされました。
スプートニク1号は、旧ソ連の技術力を世界に知らしめるという国家的な目標とは別に、宇宙に作られた「科学実験室」としての役割を担っていました。
折しも1957年は、国際地球観測年として世界各国が未知なる地球の解明に向けてさまざまな観測計画が予定され、スプートニク1号も電離層観測などの観測実験をその主たる目的としていました。スプートニク計画は、宇宙開発の先鞭をつけたと同時に、宇宙から地球を観測する道を開いたという点でも、画期的なプロジェクトだったといえるのです。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
スプートニク1号は、巨大なパチンコ玉のような球体をしていました。その直径はわずか58cm、重量は83.6kgしかなく、現代の人工衛星に比べて非常に小さなものでした。衛星の外被はアルミ合金でできており、表面には2.4mないし2.9mのアンテナ棒が4本取り付けられています。これらのアンテナ棒は、衛星がロケットから離れたのちに開く仕組みになっています。また、衛星本体の内部には、観測機器と電源が組み込まれていたほか、これらの機器類と外被との間に生ずる熱抵抗を調整するための窒素ガスが詰められていました。

2.どんな目的に使用されるの?
地球のまわる軌道上で、電波を反射したり吸収する働きをする電離層の観測と、電波の伝播実験を行ないました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
スプートニク1号の打ち上げ目的は、地球のまわりにあって電波を反射したり吸収する働きをする電離層の観測と、電波の伝播実験を行なうことにありました。このため、衛星本体には周波数20.005メガサイクル(波長15m)と40.002メガサイクルの電波を発する2台の無線送信機が積み込まれていました。この電波を地上で受信することにより、衛星からの電波の伝わり方が解明されたほか、電離層の状態いかんにかかわらず、衛星からの電波が受信できることが確認されました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
旧ソ連は、スプートニク1号の打ち上げから間もない1957年11月、ライカ犬を乗せたスプートニク2号を打ち上げ、人類史上初めて生命を宇宙に送り出すことに成功しました。
その後、1958年5月にスプートニク3号の打ち上げにも成功し、後の有人宇宙船計画へと道を切り開いていったのです。

5.どのように地球を回るの?
遠地点約950km、近地点約230km、軌道斜傾角65度の楕円軌道です。