JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

スプートニク2号

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:スプートニク2号(Sputnik2)
小分類:科学衛星
開発機関・会社:ソ連科学アカデミー
運用機関・会社:ソ連科学アカデミー
打ち上げ年月日:1957年11月3日
運用停止年月日:1958年4月14日
打ち上げ国名・機関: 旧ソ連/ロシア宇宙庁(RKA)(現在のロシア航空宇宙局[Rosaviakosmos])
打ち上げロケット:A(SL−1)
打ち上げ場所:チュラタム射場(バイコヌール宇宙基地)
国際標識番号:1957002A

世界初の人工衛星スプートニク1号に続いてソ連が打ち上げた人工衛星が「スプートニク2号」でした。
スプートニク2号には生命が生きていられる気密室がそなわっていて、そのなかに雌のライカ犬が1頭乗せられていました。生物が初めて宇宙に飛び出した瞬間です。生物学的な人工衛星としては史上初のものでした。
打ち上げに使われたのは、ソ連が開発した最初の「ロケットA(SL-1)」です。R7大陸間弾道ミサイルSS−6サップウッドを原型にして作られたもので、全長29.2m、尾翼をふくめた直径10.3m、重さ26.7t、灯油と液体酸素を燃料とするロケットでした。スプートニク1号もA(SL-1)によって打ち上げられていました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
重さ508kgで、ライカ犬を乗せるための気密室がそなわっていました。

2.どんな目的に使用されるの?
生物を初めて宇宙に送り出すために使われました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
ライカ犬を乗せ、生物を初めて宇宙に送り出すことに成功しました。スプートニク2号の機体も、それに乗っていた犬も回収されないまま軌道上をまわり続け、やがて地球に落下したものと思われます。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
世界初の人工衛星になったスプートニク1号や、スプートニク3号から10号までの機種がありました。

5.どのように地球を回るの?
近地点高度206km、遠地点高度1,699kmの楕円軌道を公転周期103.7分でまわりました。

参考文献:竹内 均・監修「Newton Collection II 宇宙開発」教育社