JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

スプートニク

シェア

関連情報

分類:ロケット
名称:スプートニク/Sputnik(A、SL-1)
打ち上げ国名・機関:ソ連
開発機関・会社:ソ連一般機械製作省
運用機関・会社:ソ連戦略ロケット
打ち上げ場所:バイコヌール宇宙基地
運用開始年:1957年
運用終了年:1958年

スプートニクは、世界で最初の人工衛星(ロシア語でスプートニク)を打ち上げたロケットです。本来は大陸間弾道ミサイル(ICBM)としてセルゲイ・P・コロリョフらの手で開発され、1957年8月に最初の試射に成功しています。このR-7 ICBMが、核弾頭の代わりに重さ84kgのスプートニクを載せて、1957年10月4日にバイコヌール基地から打ち上げられました。当時西側ではこの衛星打ち上げロケットを、「A」あるいは「SL-1」と呼ぶようにしました。Aロケットは1957年11月に犬を乗せた重さ508kgのスプートニク2の打ち上げにも使われましたが、翌年5月のスプートニク3が最後の打ち上げで、以降は上段を追加したボストーク(A-1、SL-3)やソユーズ(SL-4、A-2)、モルニヤ(SL-6A-2-e)が使われるようになりました。

1.どんな形をし、どんな性能を持っているの?
スプートニク(A)は、上の方が太い筒形のサステイナー段(ロシア語では「ブロックA」)の回りに、円錐形のブースタ段を4本(それぞれブロックB/V/G/D)束ねた形をしています。ブースタ段を第1段、サステイナー段を第2段と見ることも出来ますが、両段は発射の際同時に点火され、ブースタ段の方が先に燃焼を終えます。サステイナー段のエンジンは推力93トンのRD-108、ブースタ段のエンジンは推力99.5トンのRD-107で、基本的には同じ設計のケット・エンジンです。推進剤はケロシンと液体酸素で、燃焼室がそれぞれ四つづつあり、サステイナー段には4基、ブースタ段には各2基ずつの姿勢制御用ヴゼニア・ロケットも付属しています。Aロケットの全長は29.2m、最大幅は10.3mで、離昇重量は267トンになります。空のサステイナー段を含めた衛星軌道投入質量は約8トンになります。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
サステイナー段とブースタ段の合計5基のエンジンは、秒読みマイナス4秒で同時に点火されます。ブースタ段は120秒間燃焼した後、放射状にサステイナー段から四方に分離されます。サステイナー段はなおも150秒間燃焼を続けて、衛星軌道速度を達成します。衛星を分離した後、長さ28mのサステイナー段も衛星軌道に乗ります。

3.どんなものを打ち上げたの?
スプートニク1号スプートニク2号スプートニク3号です。

4.どのくらい成功しているの?
3回の衛星打ち上げに成功していますが、スプートニク1号打ち上げ前に少なくとも3回の衛星打ち上げ失敗があります。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
ボストーク、モルニヤソユーズです。