JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

スターシャイン

シェア

関連情報

分類:人工衛星
名称:スターシャイン(STARSHINE)
小分類:科学衛星
開発機関/会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)/アメリカ海軍調査研究所
運用機関/会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)/アメリカ海軍調査研究所
打ち上げ年月日:1999年6月5日
打ち上げ国名/機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げロケット:スペースシャトルディスカバリー」(STS-96)
打ち上げ場所:ジョン・F・ケネディ宇宙センター(KSC)

スターシャインは全世界の学生や子供たちに人工衛星や宇宙観測の面白さを知ってもらおう、と計画されました。直径48cmの球形をした人工衛星で、878枚の鏡に覆われており、太陽光線を受けて何秒かに1回輝くので、地上から肉眼で見ることができます。スターシャインのホームページに自分の観測位置(緯度・経度・標高)を入力すれば、見える位置と時間を調べることができます。また、スターシャインは大気層の影響で高度をゆっくり下げていきます。そのため全世界の学生たちに見えた位置と時間・場所の報告を求めており、その報告は地球大気層の密度を調べることに役立てられます。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
スターシャインは、直径48cm、重さ39kgの球形をした人工衛星で、球全体を直径2.5cmのアルミニウム反射板878枚が覆っています。この反射板はアメリカ・ユタ州の工業高校の学生が切り出したもので、オーストリア、オーストラリア、ベルギー、カナダ、中国、デンマーク、イギリス、フィンランド、日本、メキシコ、ニュージーランド、パキスタン、南アフリカ、スペイン、トルコ、アメリカ、ジンバブエの17ヶ国、計2万5千30人の学生たちの手によって磨かれたものです。スターシャインは、普通は7〜10等級の明るさですが、太陽光線を反射して、数秒から数十秒の間をおいて何秒か輝き、そのときには肉眼で見ることができます。

2.どんな目的に使用されるの?
スターシャインは、世界中の学生たちに人工衛星について興味を持ってもらおうという目的で射出されました。衛星は早朝と夕方に肉眼でも見えます。しかも位置は、スターシャインのホームページに、自分の観測場所の緯度・経度・高度を入力することによって正確に調べることができます。また、スターシャインは地球の引力に引っ張られて徐々に高度を下げていきます。その観測位置を全世界の学生達から報告してもらい、地球大気層の密度を調べることも目的のひとつになっています。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
スペースシャトルから射出された後、低い地球周回軌道を回りながら徐々に高度を下げていき、約8ヶ月でその役割を終えます。太陽光線を反射して、数秒から数十秒に1回、数秒間輝くので、そのときには地上から肉眼で観測することができます。

4.どのように地球を回るの?
高度約360kmで、赤道より51.6度傾いた低い地球周回軌道を回ります。スペースシャトルから射出された後は、地球大気などの影響で徐々に高度を下げてゆき、約8ヶ月後に燃え尽きる予定です。