JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

STS-100

シェア

関連情報

分類:スペースシャトル

名称:STS-100
オービタ名称:エンデバー
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:2001年4月19日
着陸年月日:2001年5月1日
宇宙飛行士:ケント・ロミンガー/ジェフリー・アシュビー/クリス・ハドフィールド/ジョン・フィリップス/スコット・パラジンスキー/ウンベルト・グイドーニ/ユーリ・ロンチャコフ
飛行時間:285時間30分

STS-100のエンデバーは、国際宇宙ステーション(ISS)を組み立てるためのミッションとしては9回目の飛行です。このミッションでは、アメリカの実験棟ディスティニーに、カナダ製のロボットアーム「カナダアーム2」が取り付けられました。カナダアーム2は、全長17mで7つの関節を持つ作業用のアームでステーションの外での部材の取り付け作業などに威力を発揮します。このアームの面白いところは、腕の両端が同じ形になっており、シャクトリムシのように台座を交互につかんで移動することができる点です。
また、STS-100では多目的補給モジュール「ラファエロ」によってたくさんの資材が運びこまれました。多目的補給モジュールは、ステーションに資材を運ぶ長さ6.6m、直径4.5mの円筒形のコンテナでイタリア宇宙庁が開発したものです。全部で3台あり、「レオナルド」「ラファエロ」「ドナテロ」と名前がついています。

1.どんな形をして、どのような性能を持っているの?
スペースシャトルエンデバーは、オービタ(軌道船)と呼ばれる有人宇宙船(エンデバー)と、それを打ち上げるための固体燃料ブースタロケット2基、液体燃料を入れてある外部タンクからなっています。全体の長さは56m、高さ23m、重さ2,000トンで、オービタだけの長さは37m、高さ17m、重さ85トンです。外部タンクは使い捨てですが、オービタとブースタロケットはくりかえし使われます。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
ブースタロケットの噴射と、外部タンクの液体燃料を使うオービタの噴射で打ち上げます。2分後に、燃料の燃えつきたブースタロケットが切り離され、パラシュートで落下します。8分後、高度250kmから400kmに達したとき外部タンクが切り離され、オービタは軌道修正用エンジンで地球周回軌道に乗ります。オービタが地球に戻るときは、グライダーのように滑空しながら着陸します。

3.宇宙飛行の目的は?
カナダ製の全長17mのロボットアーム「カナダアーム2」をステーションの実験棟「ディスティニー」に取り付けることです。このロボットアームによって、これまでシャトルのアームでは届かなかった場所でも作業ができるようになります。また、多目的補給モジュール「ラファエロ」によって、実験ラック2台など計10台のラックをステーション内に搬入するのが目的です。

4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
飛行3日目に国際宇宙ステーションとドッキングし、8日間の間に2回の船外活動(EVA)を行いました。4日目の第1回EVAではロボットアーム「カナダアーム2」とUHF通信アンテナが取り付けられ、5日目には多目的補給モジュール「ラファエロ」が国際宇宙ステーションとドッキング、実験ラックが搬入されています。ロボットアームの取り付けにより、ISSではシャトルがドッキングしていないときでもアームによる作業ができるようになりました。また、UHF通信アンテナはEVAに必要な装置で、ISSの滞在クルーが単独でもEVAを行える環境が整いつつあります。