JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

STS-102

シェア

関連情報

分類:スペースシャトル

名称:STS-102
オービタ名称:ディスカバリー
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:2001年3月8日
着陸年月日:2001年3月21日
宇宙飛行士:ジェームス・D・ウェザビー/ジェームス・M・ケリー/アンドリュー・S・W・トーマス/ポール・ウィリアム・リチャーズ
(国際宇宙ステーション第2次滞在クルー)ユーリー・V・ウサチェフ、ジェームス・S・ヴォス/スーザン・J・ヘルムズ
(同第1次滞在クルー/帰還者)ウイリアム・M・シェパード/ユーリー・P・ギドゼンコ/セルゲイ・K・クリカレフ
飛行時間:307時間49分

STS-102のディスカバリーは2001年3月8日に打ち上げられました。3月10日に国際宇宙ステーションにドッキング。今回の飛行では、国際宇宙ステーションのクルー交代が行われました。ステーションに第2次滞在クルーの3人を送り込み、すでにステーションに滞在していた3人の第1次滞在クルーを地球に帰還させたのです。また、イタリアの多目的補給モジュール「レオナルド」を国際宇宙ステーションに連結させました。「レオナルド」は、ステーションに物資を運び入れるコンテナの機能を果たします。

1.どんな形をして、どのような性能を持っているの?
スペースシャトルディスカバリーは、軌道船オービタ、固体ロケットブースタ、液体燃料タンクで構成されています。全体の長さは56.1m、高さ23.3m、幅23.8m、重さ2,050トン。オービタだけの長さは37.2m、高さ17m、幅23m、重さ約85トン。オービタ後部の機器収納室は、全長18m、直径4.6mです。オービタ、固体ロケットブースタは再利用され、ブースタとオービタエンジンで計3,000トンの推力があります。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
機体は、固体ブースタロケットと、外部燃料タンクにある液体水素の燃焼で上昇します。2分後、燃料の尽きたロケットは切り離され、パラシュートで落下。8分後、高度250~400kmに達したとき外部燃料タンクが切り離されます。オービタは軌道修正用エンジンで地球周回軌道に乗ります。地球に戻るとき、オービタは下部を前方に向けて減速した後、グライダーのように滑空して着陸します。

3.宇宙飛行の目的は?
国際宇宙ステーション滞在クルーの交代と、国際宇宙ステーションへの多目的補給モジュール「レオナルド」の結合が目的でした。

4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
国際宇宙ステーション滞在クルーの交代が行われました。そして国際宇宙ステーションへ多目的補給モジュール「レオナルド」を結合させました。2回の船外活動により、カナダ製ロボットアームを取り付ける準備が行われました。

※参考文献
「改訂版[図解]SPACE ATLAS 宇宙のすべてがわかる本」河島信樹・監修/三品隆司+studio HETERO・編(PHP研究所)