JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

STS-104

シェア

関連情報

分類:スペースシャトル

名称:STS-104
オービタ名称:アトランティス
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:2001年7月12日
着陸年月日:2001年7月24日
宇宙飛行士:スティーブン・リンゼイ/チャールス・ホバーグ/マイケル・ガーンハート/ジャネット・カヴァンディ/ジェームス・レイリー
飛行時間:306時間35分

STS-104のアトランティスは、スペースシャトルによるちょうど10回目の国際宇宙ステーション(ISS)の組立てミッションです。STS-104の飛行は、前回STS-100で取り付けたロボットアームに不良が発生したために、予定より1ヵ月遅れました。このミッションでは国際宇宙ステーションにジョイント・エアロック「クエスト」と、酸素と窒素の入った高圧ガスタンクの取り付けが行われました。エアロックは、宇宙ステーション内部から空気のない宇宙空間へ出て船外活動をする時の出入り口で、長さ5.5m、最大直径4.5m、重さが約6トンあります。エアロック内部の空気の90%を回収することができ、全部外に放出するシャトルのものより優れています。このエアロックを取り付けることによって、今後、宇宙ステーションの滞在クルーが船外活動を行えるようになり、自立した運用ができるようになりました。STS-104は、ISS計画のフェーズ2とよばれる段階の最後のフライトです。

1.どんな形をして、どのような性能を持っているの?
スペースシャトルアトランティスは、オービタ(軌道船)と呼ばれる有人宇宙船(アトランティス)と、それを打ち上げるための固体燃料ブースタロケット2基、液体燃料を入れてある外部タンクからなっています。全体の長さは56m、高さ23m、重さ2,000トンで、オービタだけの長さは37m、高さ17m、重さ85トンです。外部タンクは使い捨てですが、オービタとブースタロケットはくりかえし使われます。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
ブースタロケットの噴射と、外部タンクの液体燃料を使うオービタの噴射で打ち上げます。2分後に、燃料の燃えつきたブースタロケットが切り離され、パラシュートで落下します。8分後、高度250kmから400kmに達したとき外部タンクが切り離され、オービタは軌道修正用エンジンで地球周回軌道に乗ります。オービタが地球に戻るときは、グライダーのように滑空しながら着陸します。

3.宇宙飛行の目的は?
宇宙ステーションにジョイント・エアロック「クエスト」と酸素と窒素の入った高圧ガスタンクの取り付けることが目的です。エアロックの取り付けによって、ISSからクルーが宇宙空間に出て船外活動ができるようになります。これでISS建設計画の第2段階「フェーズ2」が終了です。

4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
飛行3日目にステーションとドッキングし、その後8日間で計3回の船外活動を行い、ジョイント・エアロック「クエスト」と、ステーションに空気を入れる高圧ガスタンクがユニティに取り付けられました。このエアロックと前回取り付けたロボットアームによって、宇宙ステーションはシャトルが滞在していない時にも船外活動や組立て作業を行うことができるようになり、活動の幅が大きく広がりました。なお、アトランティス号のメインエンジン3基のうち1基に、今回から新型エンジンが取り付けられました。