JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

STS-105

シェア

関連情報

分類:スペースシャトル

名称:STS-105
オービタ名称:ディスカバリー
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:2001年8月10日
着陸年月日:2001年8月22日
宇宙飛行士:スコット・ホロウィッツ/リック・スターコー/ダニエル・バリー/パトリック・フォレスター
(国際宇宙ステーション第3次滞在クルー)フランク・L・カルバートソン/ウラジミール・ジェジューロフ/ミハエル・チューリン
(同第2次滞在クルー/帰還者)ジェームズ・ヴォス/スーザン・ヘルムズ/ユーリ・ウサチェフ
飛行時間:285時間13分

STS-105のディスカバリーは、国際宇宙ステーション(ISS)を組み立てるために行われた、シャトルによる11回目の飛行です。このミッションでは、ステーション内に5カ月以上滞在していた第2次滞在クルーのウサチェフ、ヴォス、ヘルムズの3人が帰還し、第3次クルーのカルバートソン、ジェジューロフ、チューリンが代わりにISSに乗りました。また、イタリア宇宙庁が開発した多目的補給モジュール「レオナルド」によって、3トン以上の機材や実験装置、食料、補給品がステーション内に運び込まれました。2回行われた船外活動では、P6トラスに「初期アンモニア充填装置」が取り付けられたほか、予備のヒーター電力ケーブルや実験装置「MISSE」が取り付けられました。

1.どんな形をして、どのような性能を持っているの?
スペースシャトルディスカバリーは、オービタ(軌道船)と呼ばれる有人宇宙船(ディスカバリー)と、それを打ち上げるための固体燃料ブースタロケット2基と、液体燃料を入れてある外部タンクからなっています。全体の長さは56m、高さ23m、重さ2,000トンで、オービタだけの長さは37m、高さ17m、重さ85トンです。外部タンクは使い捨てですが、オービタとブースタロケットはくりかえし使われます。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
ブースタロケットの噴射と、外部タンクの液体燃料を使うオービタの噴射で打ち上げます。2分後に、燃料の燃えつきたブースタロケットが切り離され、パラシュートで落下します。8分後、高度250kmから400kmに達したとき外部タンクが切り離され、オービタは軌道修正用エンジンで地球周回軌道に乗ります。オービタが地球に戻るときは、グライダーのように滑空しながら着陸します。

3.宇宙飛行の目的は?
2001年3月のSTS-102ISSに乗船した、第2次滞在クルー3人(ウサチェフ、ヴォス、ヘルムズ)と、第3次クルーのカルバートソン、ジェジューロフ、チューリンを交代させることが主な目的です。さらに多目的補給モジュール「レオナルド」によって実験装置や機材のほか、食料などを補給することなどが目的でした。

4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
飛行3日目にステーションにドッキングし、ISSの滞在クルーの交代を行った他、多目的補給モジュール「ラファエロ」によって約3トンの資材がISS内に運び込まれました。さらに2回の船外活動により、「初期アンモニア充填装置」や実験装置「MISSE」が取り付けられました。初期アンモニア充填装置は、太陽電池などを冷やすためのアンモニアを送る装置です。P6トラスが移設されるまでには取り外されます。またMISSEは、人工衛星などに使われる材料250種類をエアロックの外の宇宙空間に晒すことのできる実験装置で、1年間宇宙空間に曝露させた後回収されます。