JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

STS-106

シェア

関連情報

分類:スペースシャトル

名称:STS-106
オービタ名称:アトランティス
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:2000年9月8日
着陸年月日:2000年9月20日
宇宙飛行士:テレンス・W・ウイルカット/スコット・D・アルトマン/エドワード・T・ルー/リチャード・A・マストラキオ/ダニエル・C・バーバンク/ユーリ・イワノビッチ・マレンチェンコ/ボリス・V・モロコフ
飛行時間:283時間10分

STS−106のアトランティスは、2000年9月8日にケネディ宇宙基地から打ち上げられました。長いシャトルの歴史の中で、99回目の打ち上げです。1998年11月から建設中の「国際宇宙ステーション(ISS)」に、8月にすでにドッキングしていた補給船「プログレス」内の物資を運び入れました。また、STS-106で運んださまざまな装置や物資を、ステーション内に移しました。搬入作業に時間がかかり、当初の予定より1日長い約12日間の飛行となりました。

1.どんな形をして、どのような性能を持っているの?
スペースシャトルアトランティスは、軌道船オービタ、固体ロケットブースタ、液体燃料タンクで構成されています。全体の長さは56.1m、高さ23.3m、幅23.8m、重さ2,050t。オービタだけの長さは37.2m、高さ17m、幅23m、重さ約85t。オービタ後部の機器収納室は、全長18m、直径4.6mです。オービタ、固体ロケットブースタは再利用され、ブースタとオービタエンジンで計3,000tの推力があります。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
機体は、固体ブースタロケットと、外部燃料タンクにある液体水素の燃焼で上昇します。2分後、燃料の尽きたロケットは切り離され、パラシュートで落下。8分後、高度250~400kmに達したとき外部燃料タンクが切り離されます。オービタは軌道修正用エンジンで地球周回軌道に乗ります。地球に戻るとき、オービタは下部を前方に向けて減速した後、グライダーのように滑空して着陸します。

3.宇宙飛行の目的は?
国際宇宙ステーションへの物資補給、8月6日にドッキングしていたロシアの無人貨物船「プログレス」の物資を運び入れること。そして、7月26日にドッキングしていたサービスモジュール(兼仮居住棟)「ズヴェズダ」の点権乗組員の長期滞在への準備が目的でした。

4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
国際宇宙ステーションの設備を補強し物資を搬入しました。船外活動で、電気供給、データ通信のための配線などをしました。これらのことで乗組員の恒久滞在、ステーションの完成が一歩近づきました。

※参考文献
「改訂版[図解]SPACE ATLAS 宇宙のすべてがわかる本」河島信樹・監修/三品隆司+studio HETERO・編(PHP研究所)