JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

STS-107

シェア

関連情報

分類:スペースシャトル

名称:STS-107
オービタ名称:コロンビア
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:2003年1月17日
宇宙飛行士:リック・D・ハズバンド/ウィリアム・C・マッコール/マイケル・P・アンダーソン/カルパナ・チャウラ/デイビッド・M・ブラウン/ローレル・B・S・クラーク/イラン・ラモーン
飛行時間:382時間20分

STS-107は、国際宇宙ステーションの建設とは関係なく、微重力下での生命科学実験などの目的で打ち上げられた、久しぶりのシャトルでした。また、この飛行では初めてイスラエルの宇宙飛行士が乗り組みました。
2003年2月1日の地球帰還途中に、耐熱パネルがはがれたため大気圏突入時に空中分解し、7人のクルー全員の命が失われる事故になりました。

1.どんな形をして、どのような性能を持っているの?
軌道船オービタ、固体ロケットブースタ、液体燃料タンクで構成され、長さは56.1m、高さ23.3m、幅23.8m、重さ2,050トンです。推力は計3,000トンです。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
固体ブースタロケットなどの液体水素の燃焼で上昇し、2分後ロケットを切り離し、高度250~400kmに達したとき、外部燃料タンクを切り離します。オービタは軌道修正用エンジンで地球周回軌道に乗ります。

3.宇宙飛行の目的は?
微小重力下での生命科学実験など88種類の実験を行う目的です。

4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
16日間の飛行で、微小重力下での合成酵素の結晶化実験や、ナビゲーション・システム(STARNAV)に関する実験など、科学研究や商業目的、教育目的のための88種類の実験を行いました。日本は宇宙空間でのメダカの卵のふ化観察やタンパク質結晶の成長実験などを行いました。