JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

STS-110

シェア

関連情報

分類:スペースシャトル

名称:STS-110
オービタ名称:アトランティス
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:2002年4月8日
着陸年月日:2002月4月19日
宇宙飛行士:マイケル・J・ブルームフィールド/スティーブン・N・フリック/レックス・J・ワルハイム/エレン・オチョア/リー・M・E・モーリン/ジェリー・L・ロス/スティーブン・L・スミス
飛行時間:259時間43分

STS-110は、13回目の国際宇宙ステーション(ISS)組み立てミッションです。4回のEVA(船外活動)で米国実験棟「ディスティニー」にS0トラスを取付けました。

1.どんな形をして、どのような性能を持っているの?
アトランティスは、オービタ(軌道船)と呼ばれる有人宇宙船と打ち上げるための固体燃料ブースタロケット2基、液体燃料外部タンクからなっています。長さは37m、高さ17m、重さ85トンです。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
ブースタロケットの噴射と、外部タンクの液体燃料を使うオービタの噴射で打ち上げます。2分後に、燃料の燃えつきたブースタロケットが切り離され、パラシュートで落下します。8分後、高度250kmから400kmに達したとき外部タンクが切り離され、オービタは軌道修正用エンジンで地球周回軌道に乗ります。オービタが地球に戻るときは、グライダーのように滑空しながら着陸します。

3.宇宙飛行の目的は?
国際宇宙ステーション(ISS)の組み立て(13回目)で、米国実験棟「ディスティニー」にS0トラスを取付けます。S0トラスに取付けられた「モービル・トランスポータ」(ロボットアーム移動用の台車)の試運転をします。

4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
4回のEVAを行い、S0トラスを無事に取付けました。またロボットアーム移動用の台車「モービル・トランスポート」の試運転を行っています。この作業で初めてロボットアーム「カナダアーム」が使われました。