JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

STS-111

シェア

関連情報

分類:スペースシャトル

名称:STS-111
オービタ名称:エンデバー
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:2002年6月5日
着陸年月日:2002月6月19日
宇宙飛行士:ケネス・D・コックレル/ポール・S・ロックハート/フランクリン・チャン−ディアズ/フィリップ・ペリン
ISS滞在クルー】ワレリー・グリゴリエビッチ・コルズン/ペギー・A・ウィットソン/セルゲイ・トレシェフ
ISS帰還クルー】ユーリー・I・オヌフリエンコ/カール・E・ウォルツ/ダニエル・W・バーシュ
飛行時間:332時間35分

STS-111は、14回目の国際宇宙ステーション(ISS)組み立てミッション(UF-2)です。ISS滞在クルー3名の交代、ロボットアームがトラスを移動するための「モバイル・ベース・システム」の取付けと、実験装置や物資の搬入が行われました。

1.どんな形をして、どのような性能を持っているの?
エンデバーは、オービタ(軌道船)と呼ばれる有人宇宙船と打ち上げ用の固体燃料ブースタロケット2基、液体燃料外部タンクからなっています。長さは37m、高さ17m、重さ85トンです。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
ブースタロケットの噴射と、外部タンクの液体燃料を使うオービタの噴射で打ち上げます。2分後に、燃料の燃えつきたブースタロケットが切り離され、パラシュートで落下します。8分後、高度250kmから400kmに達したとき外部タンクが切り離され、オービタは軌道修正用エンジンで地球周回軌道に乗ります。オービタが地球に戻るときは、グライダーのように滑空しながら着陸します。

3.宇宙飛行の目的は?
2001年12月からISSに滞在していた第4次クルーと第5次クルーの交代と、ロボットアーム移動用の基部「モバイル・ベース・システム」の取付け、多目的補給モジュール「レオナルド」による実験装置や物資の搬入です。

4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
3回のEVA(船外活動)でモバイル・ベース・システムをS0トラス上のモバイル・トランスポータ(台車)に取付け、さらに約4トンの機材や物資をISSに搬入しました。またカナダアーム2のロール関節を交換修理し、クルーの交代を行いました。