JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

STS-26

シェア

関連情報

分類:スペースシャトル

名称:STS-26
オービタ名称:ディスカバリー
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1988年9月29日
着陸年月日:1988年10月3日
宇宙飛行士:フレデリック・ホーク/リチャード・コービー/ジョージ・ネルソン/ジョン・ラウンジ/デイブ・ヒルマーズ
飛行時間:97時間

1986年におきたチャレンジャーの爆発事故により中止されていたスペースシャトルの打ち上げが、2年8ヵ月ぶりに再開されました。その最初の飛行がSTS-26のディスカバリーです。
爆発事故を教訓にして、24億ドルの費用をかけた設計と構造の見直しがディスカバリーにはされました。液体燃料タンクに8ヵ所、固体燃料ブースタロケットに155ヵ所、シャトルのロケットエンジンに31ヵ所、シャトルそのものに220ヵ所の改良がくわえられました。
世界中の人々が見守るなかで再び宇宙に旅立ったスペースシャトルディスカバリーは、通信衛星TDRS-Cを静止軌道に乗せることに成功しました。また、11種類におよぶ科学実験を行っています。

1.どんな形をして、どのような性能を持っているの
スペースシャトルディスカバリーは、オービタ(軌道船)と呼ばれる有人宇宙船(ディスカバリー)と、それを打ち上げるための固体燃料ブースタロケット2基、液体燃料を入れてある外部タンクからなっています。全体の長さは56m、高さ23m、重さ2,000トンで、オービタだけの長さは37m、高さ17m、重さ85トンです。外部タンクは使い捨てですが、オービタとブースタロケットはくりかえし使われます。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
ブースタロケットの噴射と、外部タンクの液体燃料を使うオービタの噴射で打ち上げます。2分後に、燃料の燃えつきたブースタロケットが切り離され、パラシュートで落下します。8分後、高度250kmから400kmに達したとき外部タンクが切り離され、オービタは軌道修正用エンジンで地球周回軌道に乗ります。オービタが地球に戻るときは、グライダーのように滑空しながら着陸します。

3.宇宙飛行の目的は?
中止されていたスペースシャトルの再飛行で、通信衛星の軌道上への放出や、科学実験などです。

4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
通信衛星を静止軌道に乗せたり、科学実験などを行ないました。

※参考文献:「Newton Collection II 宇宙開発」竹内 均・監修(教育社)、「SPACE ATLAS 宇宙のすべてがわかる本」河島信樹・監修/三品隆司・著(PHP研究所)