JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

STS-31

シェア

関連情報

分類:スペースシャトル

名称:STS-31
オービタ名称:ディスカバリー
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1990年4月24日
着陸年月日:1990年4月29日
宇宙飛行士:ローレン・シュライバー/チャールズ・ボールデン/ブルース・マッカンドレス/スティーブン・ホーリー/キャサリン・D・サリバン
飛行時間:121時間16分

STS-31のディスカバリーハッブル宇宙望遠鏡地球周回軌道に運びました。全長13.4m、鏡筒の最大直径4.3m、重量11.6tのハッブル宇宙望遠鏡は、宇宙の星々を観測して宇宙誕生のなぞや星の進化などを探るために開発されたものです。広角・惑星カメラや微光天体カメラなど5種類の観測機器がそなわっています。
ハッブルはディスカバリーのシャトルから放出されたあと、高度約600kmの地球周回軌道に乗せられました。15年後の2004年頃まで活躍する予定で、これまでにブラックホールなどの発見にやくだっています。

1.どんな形をして、どのような性能を持っているの
スペースシャトルディスカバリーは、オービタ(軌道船)と呼ばれる有人宇宙船(ディスカバリー)と、それを打ち上げるための固体燃料ブースタロケット2基、液体燃料を入れてある外部タンクからなっています。全体の長さは56m、高さ23m、重さ2000トンで、オービタだけの長さは37m、高さ17m、重さ85tです。外部タンクは使い捨てですが、オービタとブースタロケットはくりかえし使われます。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
ブースタロケットの噴射と、外部タンクの液体燃料を使うオービタの噴射で打ち上げます。2分後に、燃料の燃えつきたブースタロケットが切り離され、パラシュートで落下します。8分後、高度250kmから400kmに達したとき外部タンクが切り離され、オービタは軌道修正用エンジンで地球周回軌道に乗ります。オービタが地球に戻るときは、グライダーのように滑空しながら着陸します。

3.宇宙飛行の目的は?
ハッブル宇宙望遠鏡の打ち上げです。

4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
ハッブル宇宙望遠鏡地球周回軌道に乗せました。

※参考文献:「Newton Collection II 宇宙開発」竹内 均・監修(教育社)、「SPACE ATLAS 宇宙のすべてがわかる本」河島信樹・監修/三品隆司・著(PHP研究所)、朝日新聞縮刷版 平成2年4月