JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

STS-46

シェア

関連情報

分類:スペースシャトル

名称:STS-46
オービタ名称:アトランティス
打ち上げ国名/機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1992年7月31日
着陸年月日:1992年8月8日
宇宙飛行士:ローレン・J・シルバー/アンドリュー・M・アレン/ジェフリー・A・ホフマン/フランクリン・R・チャン−ディアズ/クラウド・ニコリエール/マーシャ・S・イビンズ/フランコ・マラーバ
飛行時間:191時間15分

STS-46のアトランティスが打ち上げられた主な目的は、ヨーロッパ製の回収型輸送機(EURECA)と、NASAとイタリアが共同開発した牽引式人工衛星システム(TSS)を宇宙に運んで展開することでした。EURECAの展開は、途中でトラブルが生じて作業が遅れてしまいましたが、計画どおりに展開できました。TSSの展開作業にもまたトラブルが発生しました。人工衛星をケーブルで引っぱってスペースシャトルから約20km先まで伸ばす予定が、ケーブルが動かず、最長で約258mしか伸びなかったのです。トラブルを解決するためのさまざまな試みが何日もかけて行われましたが、結局作業は中断され、TSSはシャトルの荷物室にしまいこまれました。これらの作業の遅れのせいで、アトランティスの飛行日程は延長され、宇宙での活動は約8日間になりました。

1.どんな形をして、どのような性能を持っているの
スペースシャトルアトランティスは、オービタ(軌道船)と呼ばれる有人宇宙船(アトランティス)と、それを打ち上げるための固体燃料ブースタロケット2基と、液体燃料を入れてある外部タンクからなっています。全体の長さは56m、高さ23m、重さ2,000トンで、オービタだけの長さは37m、高さ17m、重さ85トンです。外部タンクは使い捨てですが、オービタとブースタロケットはくりかえし使われます。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
ブースタロケットの噴射と、外部タンクの液体燃料を使うオービタの噴射で打ち上げます。2分後に、燃料の燃えつきたブースタロケットが切り離され、パラシュートで落下します。8分後、高度250kmから400kmに達したとき外部タンクが切り離され、オービタは軌道修正用エンジンで地球周回軌道に乗ります。オービタが地球に戻るときは、グライダーのように滑空しながら着陸します。

3.宇宙飛行の目的は?
欧州回収型輸送機(EURECA)と牽引式人工衛星システム(TSS)を宇宙空間で展開することです。

4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
牽引式人工衛星システム(TSS)の展開がうまくいかず、予定の作業は中断されました。

※参考文献
「Newton Collection II 宇宙開発」竹内 均・監修(教育社)1992年発行
「SPACE ATLAS 宇宙のすべてがわかる本」河島信樹・監修/三品隆司・著(PHP研究所)1995年発行