JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

STS-51-J

シェア

関連情報

分類:スペースシャトル

名称:STS-51-J
オービタ名称:アトランティス
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1985年10月3日
着陸年月日:1985年10月7日
宇宙飛行士:カロル・ボブコー/ロナルド・グレーブ/ロバート・スチュワート/デビッド・ヒルマーズ/ウィリアム・ペイルズ
飛行時間:103時間44分

STS-51-Jのアトランティスは、4機目のスペースシャトルとして作られたアトランティスの初飛行でした。
操作性能や耐久性を調べるテストが行われたようですが、それ以外に宇宙でどんな活動をしたか、くわしいことはわかっていません。軍事目的で打ち上げられたため、発表される情報が制限されたからです。
5人の乗組員全員がアメリカ軍の関係者でした。シャトルに積まれた2個の通信衛星は、核爆発でおきる電磁波の影響を受けないような保護策がもうけられ、核兵器部隊にアメリカ大統領の緊急指令を送るための特殊な中継機をそなえたものだったといわれています。

1.どんな形をして、どのような性能を持っているの
スペースシャトルアトランティスは、オービタ(軌道船)と呼ばれる有人宇宙船(アトランティス)と、それを打ち上げるための固体燃料ブースタロケット2基、液体燃料を入れてある外部タンクからなっています。全体の長さは56m、高さ23m、重さ2,000トンで、オービタだけの長さは37m、高さ17m、重さ85トンです。外部タンクは使い捨てですが、オービタとブースタロケットはくりかえし使われます。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
ブースタロケットの噴射と、外部タンクの液体燃料を使うオービタの噴射で打ち上げます。2分後に、燃料の燃えつきたブースタロケットが切り離され、パラシュートで落下します。8分後、高度250kmから400kmに達したとき外部タンクが切り離され、オービタは軌道修正用エンジンで地球周回軌道に乗ります。オービタが地球に戻るときは、グライダーのように滑空しながら着陸します。

3.宇宙飛行の目的は?
初軍事目的の飛行です。

4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
軍事用の通信衛星2個を軌道に乗せたといわれていますが、くわしいことは秘密にされています。

※参考文献:「Newton Collection II 宇宙開発」竹内 均・監修(教育社)、「SPACE ATLAS 宇宙のすべてがわかる本」河島信樹・監修/三品隆司・著(PHP研究所)、朝日新聞縮刷版 昭和60年10月