JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

STS-51-L

シェア

関連情報

分類:スペースシャトル

名称:STS-51-L
オービタ名称:チャレンジャー
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1986年1月28日
宇宙飛行士:フランシス・スコビー/マイケル・スミス/ジュディス・レズニク/エリソン・S・オニヅカ/ロナルド・マクネアー/クリスタ・マコーリフ/グレゴリー・ジャービス

STS-51-Lのチャレンジャーは、固体燃料ブースタロケットの異常が原因で、打ち上げ直後に空中で爆発してしまいました。アメリカの宇宙開発の歴史において2件目の死亡事故です。
乗組員7人の命が失われました。犠牲者のなかには、初めて一般市民から宇宙飛行士としてシャトルに乗りこんだ女性高校教師のクリスタ・マコーリフがふくまれていました。
この悲劇的な事故は全世界の人々に衝撃をあたえ、アメリカの宇宙開発を大きな危機におちいらせました。以後3年近くのあいだスペースシャトルの打ち上げは中断され、徹底的な原因究明と安全性向上のためのスペースシャトルの改良が行われました。

1.どんな形をして、どのような性能を持っているの
スペースシャトルチャレンジャーは、オービタ(軌道船)と呼ばれる有人宇宙船(チャレンジャー)と、それを打ち上げるための固体燃料ブースタロケット2基、液体燃料を入れてある外部タンクからなっています。全体の長さは56m、高さ23m、重さ2,000トンで、オービタだけの長さは37m、高さ17m、重さ85トンです。外部タンクは使い捨てですが、オービタとブースタロケットはくりかえし使われます。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
ブースタロケットの噴射と、外部タンクの液体燃料を使うオービタの噴射で打ち上げられました。しかし、発射から73秒後、ブースタロケットに異常が発生し、スペースシャトルは空中爆発してしまいました。

3.宇宙飛行の目的は?
宇宙飛行に役立てるためNASAの通信衛星と、ハレー彗星を観測するためのスパルタン衛星を宇宙に運ぶことや、初めて一般市民として教師が搭乗し宇宙授業を実施することでした。

4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
打ち上げ直後に爆発してしまいました。

※参考文献:「Newton Collection II 宇宙開発」竹内 均・監修(教育社)、「SPACE ATLAS 宇宙のすべてがわかる本」河島信樹・監修/三品隆司・著(PHP研究所)