JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

STS-60

シェア

関連情報

分類:スペースシャトル

名称:STS-60
オービタ名称:ディスカバリー
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1994年2月3日
着陸年月日:1994年2月11日
宇宙飛行士:チャールス・F・ボルデン/ケネス・S・レイグラー・ジュニア/N・ジャン・デイビス/ロナルド・M・セガ/フランクリン・R・チャン−ディアズ/サーゲイ・K・クリカレブ
飛行時間:199時間9分

STS-60ディスカバリーには、航跡保護設備(WSF)が積みこまれていました。
WSFは、宇宙の真空を利用して実験を行なうためのもので、直径約360cmのパラボラ・アンテナのような形をした装置です。通信システムや航空電子工学システム、太陽電池、推進装置が備わっていました。
ロボットアームで宇宙空間に放出されたWSFは、約73km離れた地点をディスカバリーとならんで飛行し、実験が終わったあと再びディスカバリーに回収されました。このときWSFで行なわれた実験は、電子工学で使うためのまったく新しい材料(とても薄い膜)を試作することでした。
そのほかにも、スペースハブ(宇宙実験室)においてさまざまな科学実験が行なわれ、約9日間の飛行を終えてディスカバリー地球に戻りました。

1.どんな形をして、どのような性能を持っているの
スペースシャトルディスカバリーは、オービタ(軌道船)と呼ばれる有人宇宙船(ディスカバリー)と、それを打ち上げるための固体燃料ブースタロケット2基、液体燃料を入れてある外部タンクからなっています。全体の長さは56m、高さ23m、重さ2,000トンで、オービタだけの長さは37m、高さ17m、重さ85トンです。外部タンクは使い捨てですが、オービタとブースタロケットはくりかえし使われます。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
ブースタロケットの噴射と、外部タンクの液体燃料を使うオービタの噴射で打ち上げます。2分後に、燃料の燃えつきたブースタロケットが切り離され、パラシュートで落下します。8分後、高度250kmから400kmに達したとき外部タンクが切り離され、オービタは軌道修正用エンジンで地球周回軌道に乗ります。オービタが地球に戻るときは、グライダーのように滑空しながら着陸します。

STS-60のマニュピレーター
STS-60のマニュピレーター

3.宇宙飛行の目的は?
航跡保護設備(WSF)やスペースハブ(宇宙実験室)を使った科学実験です。

4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
宇宙の真空を利用して新しい材料を作るなど、さまざまな科学実験が行なわれました。

※参考文献:「Newton CollectionII 宇宙開発」竹内 均・監修(教育社)1992年発行「SPACE ATLAS 宇宙のすべてがわかる本」河島信樹・監修/三品隆司・著(PHP研究所)1995年発行