JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

STS-82

シェア

関連情報

分類:スペースシャトル

名称:STS-82
オービタ名称:ディスカバリー
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1997年2月11日
着陸年月日:1997年2月21日
宇宙飛行士:ケネス・D・ボワソックス/スコット・J・ホロウィッツ/マーク・C・リー/スティーブン・A・ハウレイ/グレゴリー・J・ハーバウ/スチーブン・L・スミス/ジョセフ・R・ターナー
飛行時間:239時間38分

STS-82ディスカバリーの任務は、ハッブル宇宙望遠鏡の補修をすることでした。
ハッブル宇宙望遠鏡は、1990年4月打ち上げのSTS-31ディスカバリーによって軌道上に乗せられた天体観測衛星です。宇宙の画像をきれいに撮影しつづけるためには、ハッブルの古くなった部品を新しいものと取り替えなければなりません。STS-82ディスカバリー宇宙飛行士たちは船外活動によってハッブルの補修を行ない、より高い分解度の分光計やスペクトル写真帰赤外線カメラなどをハッブルに取り付けました。
このときの補修は、1993年12月打ち上げのSTS-61エンデバーが行なった補修に続いて2回目のものでした。約11日間の飛行のあと、ディスカバリー地球に戻りました。
2度目のサービスミッションで新しく取り付けられた主な装置は、近赤外線波長を使うことによって高い感度で宇宙を観測することができる「NICMOS (近赤外カメラ及び多天体分光器)」や、紫外線領域の感度の高いスペクトル観測装置「STIS(宇宙望遠鏡撮像分光器)」です。その他にも、10億ビットものデータを蓄積する装置や、より鮮明でにじみのない映像を記録できる装置などを取り付けました。新たに装置を取り付けたハッブル宇宙望遠鏡は、最新の宇宙の映像を地球に送り続けています。

ハッブル宇宙望遠鏡の修理の様子
ハッブル宇宙望遠鏡の修理の様子

1.どんな形をして、どのような性能を持っているの
スペースシャトルディスカバリーは、オービタ(軌道船)と呼ばれる有人宇宙船(ディスカバリー)と、それを打ち上げるための固体燃料ブースタロケット2基、液体燃料を入れてある外部タンクからなっています。全体の長さは56m、高さ23m、重さ2,000トンで、オービタだけの長さは37m、高さ17m、重さ85トンです。外部タンクは使い捨てですが、オービタとブースタロケットはくりかえし使われます。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
ブースタロケットの噴射と、外部タンクの液体燃料を使うオービタの噴射で打ち上げます。2分後に、燃料の燃えつきたブースタロケットが切り離され、パラシュートで落下します。8分後、高度250kmから400kmに達したとき外部タンクが切り離され、オービタは軌道修正用エンジンで地球周回軌道に乗ります。オービタが地球に戻るときは、グライダーのように滑空しながら着陸します。

3.宇宙飛行の目的は?
ハッブル宇宙望遠鏡の補修です。

4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
船外活動によってハッブル宇宙望遠鏡の補修を行ないました。

※参考文献:「Newton Collection II 宇宙開発」竹内 均・監修(教育社)1992年発行「SPACE ATLAS 宇宙のすべてがわかる本」河島信樹・監修/三品隆司・著(PHP研究所)1995年発行