JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

STS-92

シェア

関連情報

分類:スペースシャトル

名称:STS-92
オービタ名称:ディスカバリー
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:2000年10月11日
着陸年月日:2000年10月24日
宇宙飛行士:ブライアン・ダフィー/パメラ・アン・メルロイ/リロイ・チャオ/ウィリアム・S・マッカーサーJr./ピーター・J・K・ワイゾフ/マイケル・E・ロペズ-アレグリア/若田光一
飛行時間:309時間43分

STS−92ディスカバリーミッションは、記念すべきシャトル100回目の飛行となりました。国際宇宙ステーションの基幹となる、通信・姿勢制御システム搭載の骨組構造「Z-1トラス」と、ドッキングに使用する「PMA-3」を、アメリカ製モジュールの「ユニティ」に取り付けるための飛行でした。ミッションスペシャリストとして加わった日本人宇宙飛行士若田光一さんは、2回目の搭乗となりました。

1.どんな形をして、どのような性能を持っているの?
スペースシャトルディスカバリーは、軌道船オービタ、固体ロケットブースタ、液体燃料タンクで構成されています。全体の長さは56.1m、高さ23.3m、幅23.8m、重さ2,050t。オービタだけの長さは37.2m、高さ17m、幅23m、重さ約85t。オービタ後部の機器収納室は、全長18m、直径4.6mです。オービタ、固体ロケットブースタは再利用され、ブースタとオービタエンジンで計3,000tの推力があります。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
機体は、固体ブースタロケットと、外部燃料タンクにある液体水素の燃焼で上昇します。2分後、燃料の尽きたロケットは切り離され、パラシュートで落下。8分後、高度250~400kmに達したとき外部燃料タンクが切り離されます。オービタは軌道修正用エンジンで地球周回軌道に乗ります。地球に戻るとき、オービタは下部を前方に向けて減速した後、グライダーのように滑空して着陸します。

3.宇宙飛行の目的は?
国際宇宙ステーションのアメリカのモジュールである「ユニティ」に「Z1トラス」と「PMA-3」を取り付け、乗組員の長期滞在への準備をすることが目的でした。

4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
共通結合機構(CBM)が初めて使用され、国際宇宙ステーションに新たなモジュールが取り付けられました。若田光一さんは日本人として初めてステーションの組み立てに参加、シャトルに取り付けられたロボットアームの操作をこなしました。これらのことで乗組員の恒久滞在の準備が整いました。

戻る※参考文献
「改訂版[図解]SPACE ATLAS 宇宙のすべてがわかる本」河島信樹・監修/三品隆司+studio HETERO・編(PHP研究所)