JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

すばる望遠鏡

シェア

関連情報

世界最大の一枚鏡

すばる望遠鏡は、わが国の国立天文台(東京都三鷹市)が宇宙観測のためにハワイのマウナケア山山頂(標高4,200m)に建設した光学・赤外線望遠鏡です。マウナケア山山頂は、空気の乱れが少ない・湿度が低いなど天体観測に適した条件を備えており、世界的に見ても望遠鏡設置に最適の場所です。
すばる望遠鏡の最大の特徴は、直径8.3m(厚さ20cm)という世界一の巨大な主鏡です。鏡は大きくすればするほどゆがみが出てしまうのですが、コンピュータ制御によって鏡面が常に最適の状態に保たれます。鏡の命である表面のなめらかさは、関東平野の面積の中にわずか0.2mmの高低差しかないという精度です。

すばる望遠鏡(国立天文台提供)
すばる望遠鏡(国立天文台提供)

注目のフゼストライト

すばる望遠鏡が本格的に観測活動を始めるのは2000年になってからですが、設置の完了した1999年1月、フゼストライトがおこなわれました。フゼストライトとは「初めての光」という意味で、新しい望遠鏡を使用する際のテスト観測と各種調整作業のことです。望遠鏡本体の性能に加え、天体の動きを追う駆動装置や観測画像の分析や記録を行う機器など、ひとつの観測システムとして動かすために、何ヵ月もの調整をおこないます。
このフゼストライトでは星雲や銀河群、銀河団などの姿がとらえられていますが、それらのテスト観測画像を見る限りでも、すばる望遠鏡の優秀さをじゅうぶんにうかがい知ることができます。

フゼストライトで得られたオリオン星雲の画像(国立天文台提供)
フゼストライトで得られたオリオン星雲の画像(国立天文台提供)

宇宙のなぞにせまる

いままでの望遠鏡で観測されていた天体が、すばる望遠鏡の登場によって、より鮮明に、よりくわしく、そしてより遠くまで見ることができるようになると、例えば宇宙の誕生と成長といった宇宙理論の仮説が証明されるなどして、それらの研究に大きく役立つことになります。もちろん天文学自体に貢献することは言うまでもありません。
フゼストライトでテスト観測された銀河団クエーサーは、それぞれ地球から50億光年、140億光年の距離にありますが、これらの天体の光の波長などを調べて、遠ざかる速度を計算することで宇宙が膨張し続けるのか、あるいは収縮に転ずるのか、という研究が進みます。すばる望遠鏡の観測活動には、世界の研究者の期待が集まっています。

超高感度ハイビジョンカメラで銀河を撮影

世界一巨大な直径8.2mの主鏡をもつハワイ島マウナケア山頂にあるすばる望遠鏡は、1999年1月に開始されたフゼストライトのテスト観測で、大小の銀河が衝突したとみられる子持ち銀河や、同程度の大きさの銀河が2つ並んだ接近銀河のようすをとらえました。子持ち銀河りょうけん座にあり、直径は大きい方が約12万7,000光年、小さい方が約7万6,000光年です。接近銀河は兄弟銀河とも呼ばれ、おとめ座の一角にあり、同じガス雲から生まれたとみられています。すばる望遠鏡に、光の強度を増幅する特別な装置付きの超高感度ハイビジョンカメラを取りつけて撮影しました。

すばる望遠鏡にハイビジョンカメラを取り付けて撮影された子持ち銀河
すばる望遠鏡にハイビジョンカメラを取り付けて撮影された子持ち銀河

深紅の細雲、「スーパーウインド」

2000年2月には、地球から約1,200万光年の距離にある不規則銀河M82」をとらえて、銀河が深紅の高温ガスを噴きだす「スーパーウインド」のようすを撮影しました。この銀河は直径が約2万〜3万光年で、私たちの銀河にくらべるとはるかに小さいのですが、中心部では1年間に太陽が約10個生まれるほど活発な星の生成(スターバースト)が起きています。すばる望遠鏡は、スターバーストによって起きるスーパーウインドのようすを、深紅の細い雲がガス雲のように噴きだす姿として鮮明に写し出しました。この雲の広がりは、青白い銀河の中心からそれぞれの方向に1万光年以上離れたところまで広がっています。

深紅の高温ガスを噴きだす不規則銀河「M82」
深紅の高温ガスを噴きだす不規則銀河「M82」