JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

すいせい

シェア

関連情報

分類:月・惑星探査

名称:第10号科学衛星「すいせい」(PLANET-A)
小分類:彗星・小惑星探査
開発機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ年月日:1985年8月19日
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:M-3SII
打ち上げ場所:鹿児島宇宙空間観測所(KSC)

すいせいは、76年ぶりに接近したハレー彗星の観測が目的の惑星探査機です。1985年8月19日、M-3SIIロケットによって打ち上げられ、ハレー彗星に向かう軌道に投入されました。
真空紫外線撮像装置(紫外線カメラ)と、太陽風イオン測定器を搭載しており、さきに打ち上げられたさきがけとともに1986年3月、ハレー彗星を観測しました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?

すいせい外観図
すいせい外観図

直径1.4m、高さ0.7mの円筒型で、その上に楕円形の約0.8m径の高利得アンテナがついています。このアンテナを地球方向に向けるよう姿勢制御されています。
重量は約140kgです。

2.どんな目的に使用されたの?
じきけんきょっこうとともに、1976年から1979年にわたって実施された国際磁気圏観測計画に参加し、磁気圏の観測をおこないました。磁気圏の波動粒子相互作用の、実態を解明するために使用されており、GEOSなど外国の科学衛星との、相互連絡やデータ交換もおこなわれています。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
彗星の周囲にできる水素の雲の撮影や、彗星の接近前の太陽風と接近後に、彗星から生じたイオンと太陽風との相互作用を観測しました。1986年3月以降は搭載している紫外線カメラを使って、天文の観測をおこないました。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?

軌道図
軌道図

図を参照してください。

5.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
しんせいでんぱたいようきょっこうじきけんはくちょうひのとりてんまおおぞらぎんがあけぼのひてんようこうあすかがあります。

※参考文献/大林辰蔵・監修「日本の宇宙科学1952→2001」東京書籍