JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

サーベイヤー

シェア

関連情報

分類:月・惑星探査

名称:サーベイヤー1~7号
小分類:月探査
開発機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:サーベイヤー1号(1966年5月30日)/サーベイヤー2号(1966年9月20日)/サーベイヤー3号(1967年4月17日)/サーベイヤー4号(1967年7月14日)/サーベイヤー5号(1967年9月8日)/サーベイヤー6号(1967年11月7日)/サーベイヤー7号(1968年1月7日)
運用停止年月日:サーベイヤー1号(1966年6月2日)/サーベイヤー2号(1966年9月23日)/サーベイヤー3号(1967年4月20日)/サーベイヤー4号(1967年7月17日)/サーベイヤー5号(1967年9月11日)/サーベイヤー6号(1967年11月10日)/サーベイヤー7号(1968年1月10日)
打ち上げ国名:アメリカ
打ち上げロケット:アトラス・セントール
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地
国際標識番号:サーベイヤー1号:1966045A/サーベイヤー2号:1966084A/サーベイヤー3号:1967035A/サーベイヤー4号:1967068A/サーベイヤー5号:1967084A/サーベイヤー6号:1967112A/サーベイヤー7号:1968001A

サーベイヤーのシリーズは、ルナ・オービタと並んで、アポロ有人月着陸計画の下準備となる計画でした。月の周回軌道から表面全体の写真を撮るルナ・オービタに対して、サーベイヤーは月の表面に着陸して月の地形をテレビで送信してくることになっていました。サーベイヤー1号は本来テスト用でしたが、1966年6月2日に月の嵐の大洋の南にふんわりと着陸するのに成功しました。心配されたように着陸脚が表面にめりこむこともなく、回りの地形の画像を11,237枚も送信して来ました。サーベイヤー2号以下も、2号と4号が着陸に失敗しましたが、残りの4機は着陸に成功、画像を送信しています。サーベイヤーの事前調査のおかげで、アポロは安心して月に降りることができたのです。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
サーベイヤー1号:上から見て三角形にパイプを組み、機器を取り付けた形をしています。三角の各頂点に着陸脚、上部には太陽電池板と平面アンテナが取り付けられています。高さ3m、幅4.3m、打ち上げ時の重量は995kg、月着陸時の重量は294kg。

2.どんな目的に使用されたの?
月表面のテレビ画像撮影、土壌の分析です。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
月の表面がアポロ宇宙船の着陸に耐えられることを証明しました。そして、月の地形のパノラマ画像撮影や、月の岩石が玄武岩質であることを分析しました。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
サーベイヤー1号:1966年5月30日打ち上げ、直行軌道で月へ。月からの高度96kmで固体ロケットにより減速開始、降下速度は9,600km/hから400km/hへ。液体ロケットでさらに減速を続け、高度4.3mでエンジン・カットオフ。接地速度は11km/hでした。