JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

スペースガード

シェア

関連情報

高まるNEOへの関心「スペースウォッチ望遠鏡」の開発が引き金に

地球に衝突する可能性のある小天体(地球近傍(きんぼう)小惑星=NEO)の検出を効率よくおこなうために、1989年、アメリカで「スペースウォッチ望遠鏡」というNEOの検出を専門とする望遠鏡が開発されました。それまで18個の存在が確認されていただけのNEOが、スペースウォッチ望遠鏡によって、毎年30〜50個が検出され、1996年には400個を超すまでになりました。
さて、望遠鏡が開発されたその年、1989年の検出成果の一つに、「1989FC」と名づけられた小天体の発見がありました。「1989FC」は、地球と月の距離の半分という近いところをかすめていったのです。また、翌1990年にはチクシュルーブ・クレーター(恐竜を絶滅させたと考えられる隕石の落下跡。メキシコ・ユカタン半島北部)が発見されたこともあり、天文学者をはじめNEOに対する関心が急速に高まりました。

地球に小天体のイメージ図
地球に小天体のイメージ図

NEOの検出や研究の国際専門組織『国際スペースガード財団』(International Spaceguard Foundation)発足へ

NEOへの関心が高まるなか、アメリカはすぐに「NEO検討委員会」を設立、そして1994年7月に木星に衝突したシューメーカー・レビー第9彗星が発見されるに及んで、国際天文学連合(IAU)を中心にしたNEOに関する数多くの国際会議(スペースガード計画)が開かれるようになりました。
しかし、国際会議の回数を重ねるにつれて、さまざまな制約などのためにこのままIAUの中でスペースガード計画を推進することには限界があるという結論に達し、新しくNEOの検出や研究を支援する専門組織として、1996年3月、正式に「国際スペースガード財団」の発足が決定しました。本部はイタリアのローマに置かれました。

日本スペースガード協会(Japan Spaceguard Association)の活動

日本スペースガード協会は、大学、国立研究所の科学者を中心に、1996年6月に設立されました。
地球に接近しそうな天体の発見と監視に関する情報の社会的共有を図る」ことを活動のおもな目的とし、国際スペースガード財団や各国のスペースガード協会とも連携、協力して活動を推し進めていくことを掲げています。
また、協会では公開講演会やシンポジウムの開催、インターネット通信、機関誌「あすてろいど」の発行などにより、積極的な情報交流を実施しています。