JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

たんせい

シェア

関連情報

分類:人工衛星
名称:たんせい1~4号(MS-T1~4)
小分類:技術開発・試験衛星
開発機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ年月日:MS-T1(1971年2月16日)/MS-T2(1974年2月16日)/MS-T3(1977年2月19日)/MS-T4(1980年2月17日)
運用停止年月日:MS-T1(1971年2月23日)/MS-T2(1983年1月22日)/MS-T4(1983年5月13日)
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:MS-T1(M-4Sロケット2号機)/MS-T2(M-3Cロケット1号機)/MS-T3(M-3Hロケット1号機)/MS-T4(M-3Sロケット1号機)
打ち上げ場所:鹿児島宇宙空間観測所(KSC)
国際表記番号:1971011A

たんせい1号は、軌道投入後の衛星環境と機能試験を目的として開発されました。
日本の人工衛星第2号で、おおすみで得られたデータをもとに、宇宙空間での軌道投入後の衛星をとりまく環境とそれにともなう衛星の機能の観測がおこなわれました。「たんせい」の名前は、東京大学のカレッジ・カラーの淡青からつけられました。

たんせい1号、重量63kg
たんせい1号、重量63kg

たんせい2号は、ロケットの特性の測定と衛星についての工学的試験を目的として開発されました。そのなかでも重要なことは地球磁気を利用した衛星姿勢制御方式のテストをおこなうことでした。たんせい2号はコマと同じように、スピンすることによって姿勢の安定を保っています。このスピン軸を地磁気との作用で変向させるスピン軸方向制御装置や姿勢保持用の小型電磁石を搭載しています。

たんせい2号、重量56kg
たんせい2号、重量56kg

たんせい3号は、ロケットの特性の測定と衛星についての工学的試験を目的として開発されました。とくに第5号以降の科学衛星に必要な技術として、沿磁力線姿勢安定化方式やコールド・ガスジェットによるスピン軸制御実験などをおこないました。

たんせい3号、重量129kg
たんせい3号、重量129kg

たんせい4号は、ロケットの特性の測定と衛星についての工学的試験を目的として開発されました。とくに第7号科学衛星に必要な磁気力によるスピン軸太陽オフセット指向自動制御や第8、9号科学衛星に要求されるフライ・ホイールによる姿勢制御試験など、将来の衛星制御方式の開発のための実験をおこないました。

たんせい4号、重量185kg
たんせい4号、重量185kg

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
球を多面体にした形をしています。

たんせい4号外観図
たんせい4号外観図

2.どんな目的に使用されたの?
たんせい1号は、軌道投入後の衛星環境と機能試験を目的としていました。

たんせい2号は、M-3Cロケットの性能試験、電波誘導システムの確認、第3号科学衛星に要求される地球磁場を利用した衛星姿勢制御方式の事前テストを目的していました。

たんせい3号は、M-3Hロケットの性能試験、沿磁線安定という地球の磁力線に沿った衛星の姿勢制御(沿磁力線姿勢安定化方式)やコールド・ガスジェットによるスピン軸制御実験など、第5号以降の科学衛星に求められる新技術の実証を目的としていました。

たんせい4号は、M-3Sロケットの性能試験、磁気力によるスピン軸太陽オフセット指向自動制御、フライ・ホイールによる姿勢制御試験など、将来の衛星制御方式の実験を目的としていました。

3宇宙でどのようなことをし、今はどうなっているの?
たんせい1号は、化学電池の寿命が尽きる2月23日までに地球を96周して、M型ロケットの性能確認、人工衛星設計についての多くのデータを送り、使命を終えました。

たんせい2号は、軌道投入後、23周目からスピン軸変更に入り、125周でスピン軸が軌道面に対して完全に垂直となり、回転車モードと呼ばれる車の輪のように軌道面を転がるような姿勢に制御しました。

たんせい3号は、第5号以降の科学衛星に必要な技術として、沿磁力線姿勢安定化方式やコールド・ガスジェットによるスピン軸制御実験、精密な軌道決定のためのPNコード測距装置などの実証をおこないました。

たんせい4号は、第7号科学衛星に必要な磁気力によるスピン軸太陽オフセット指向自動制御や第8、9号科学衛星に要求されるフライ・ホイールによる姿勢制御試験など、将来の衛星制御方式の開発のための実験をおこないました。

4.どのように地球を回るの?
たんせい1号
高度1,110km~990km、傾斜角30度の略円軌道です。

たんせい2号
高度3,240km~290km、傾斜角31度の楕円軌道です。
高度3,237km~289km、傾斜角31度の楕円軌道です。

たんせい3号
高度3,810km~790km、傾斜角66度の楕円軌道です。
高度3,813km~793km、傾斜角65.75度の楕円軌道です。

たんせい4号
高度606km~521km、傾斜角39度の略円軌道です。
高度606km~520km、傾斜角39度の略円軌道です。

(斎藤成文「日本宇宙開発物語」(三田出版)による)

※参考文献:大林辰蔵・監修「日本の宇宙科学1952→2001」東京書籍・発行、斎藤成文・著「日本宇宙開発物語」三田出版会・発行