JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

トーラス

シェア

関連情報

分類:ロケット
名称:トーラス(Taurus)
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
開発機関・会社:オービタル・サイセンシズ社(OSC)
運用機関・会社:オービタル・サイセンシズ社(OSC)
打ち上げ場所:バンデンバーグ空軍基地
運用開始年:1994年

トーラスは、アメリカのベンチャー企業のオービタル・サイエンシズ社(OSC)が開発した小型衛星の商業打ち上げ機です。全部で4段式で、第1段には固体推進剤のキャスター120、第2段から上はOSCが開発したペガサス空中発射打ち上げ機の固体の第1/2/3段を流用しています。低コストをねらった簡略な構成で、1回の打ち上げ費用は1,800万ドルになります。トーラスの1号機は、キャスター120に代えてピースキーパー大陸間弾道ミサイルの第1段を使用、1994年3月13日にアメリカ国防省先進研究計画局(DARPA)の衛星を打ち上げました。2号機は1998年2月10日に、OSC自身の低高度通信衛星オーブコムの打ち上げに使われています。

1.どんな形をし、どんな性能を持っているの?
全固体推進剤ロケット4段式。全長22.6mm、直径2.4m、打ち上げ重量71.4t、初段推力131.2t。低高度軌道ペイロード1363kg、静止遷移軌道ペイロード431kg。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
トーラスは、ガントリー等の支えなしに、直接に発射台の上に立てられて、離昇します。第1段は83秒、第2段は72秒、第3段は73秒、第4段は240秒それぞれ燃焼し、ペイロードを衛星軌道に投入します。

3.どんなものを打ち上げたの?
DARPASAT、オーブコムがあります。

4.どのくらい成功しているの?
2001年9月現在で6回打ち上げられ、5回成功しています。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
OSCのペガサスと第2/3/4段が共通です。