JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

タイタン

シェア

関連情報

分類:ロケット

名称:タイタン(タイタンIタイタンIIタイタンIIIタイタンIIIAタイタンIIICタイタンIV)/Titan(TitanI, TitanII, TitanIII, TitanIIIA, TitanIIC, TitanIV)
打ち上げ国名・機関:アメリカ空軍(USAF)/アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関・会社:アメリカ空軍(USAF)/マーティン社(ロケット・エンジンはエアロジェット社)
運用開始年:1951年(I型、1段実験)/1962年(II型)

タイタン・ロケットは、アトラスロケットと同じく、アメリカとソ連が核兵器の配備をたがいに進めていた1950年代の末、長距離に核爆弾を運ぶためのミサイル−大陸間弾道弾(ICBM)として使うために、空軍によって開発がはじめられました。タイタンI型は、ミサイルとは別に、スペースシャトルの原型となったダイナソア計画に使われる予定でしたが、重量が予定をこえそうなため、タイタンIIIC型に変更、さらにはダイナソア計画そのものが中止されてしまいました。ミサイルとしても使われたタイタンII型は2段式で、ジェミニ計画に使用されました。
140基以上も作られたタイタンIIミサイルは、1987年に核戦争にそなえた配備をとかれ、一部は改造を加えられた上で、1988年から、衛星の打ち上げに再利用されています。
タイタンIII型には、2段式のII型に専用の第3段(トランステージ)をとりつけたIIIA、IIIB型、さらに推力増加用の固体ロケットを第1段のまわりにつけたC型、C型からトランステージをのぞいたIIID型、第3段にセントール・ロケットを使ったIIIE型、スペースシャトルチャレンジャーの事故ののち、空軍が大型衛星の打ち上げ用に開発したIV型など、たくさんのバリエーションがあり、アメリカでの大型の衛星や探査機の打ち上げには欠かせない存在となっています。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
タイタンIIIC(1965年6月〜1982年3月)。3段式。全重量610t、推力10,801t(固体ロケット596t×2、1段239t、2段46t、3段7.2t)。全長34.75m(1段22.28m、2段7.90m、3段4.75m)、本体直径3.05m。
タイタンIII4D(1982年9月〜1992年9月、商用タイタンIIIの名で民間利用を予定)。全重量706t。3段式(固体式3段または2段で使用)。推力1150t(固体ロケット635t×2、1段246t、2段46t、3段19t)。全長41.48m(1段24m、2段86m、3段33m)、本体直径305m。打ち上げ能力、14.5t(185km低軌道)、5t(静止トランスファ軌道)。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
III4D型の場合、1段と固体ロケットに点火、固体ロケットは114秒間の噴射ののち、1段ロケットは250秒の噴射ののち分離、2段ロケットは230秒間、3段は、タイプによってことなりますが、2分あるいは2分間噴射して、先端に積んだ衛星や探査機を低軌道や静止トランスファ軌道、地球脱出軌道にのせます。

3.どんなものを打ち上げたの?
ジェミニ宇宙船(II型)、太陽探査機ヘリオス、バイキングボイジャー(III型)など多数。多くは空軍の大型偵察衛星(スパイ衛星)。

4.どのくらい成功しているの?
1999年12月末現在で193機が打ち上げられ、173回成功しています。成功率は90%です

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
タイタンIタイタンIIタイタンIIIタイタンIIIAタイタンIIICタイタンIVがあります。