JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

秋山豊寛

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士
名前:秋山豊寛(あきやまとよひろ)
性別:男
国名:日本
生年:1942年
所属宇宙機関:元・株式会社東京放送(TBS
飛行実績:ソユーズ宇宙船ソユーズTM-11/TM-10)

1966年に国際基督教大学を卒業後、TBS(東京放送)に入社し、ロンドン駐在、ワシントン支局長、外信部デスクなどを務めました。
1989年3月、TBSの創立40周年事業で、宇宙にジャーナリストを送る「宇宙特派員計画」の宇宙特派員に選ばれました。同年10月から、ソ連(現ロシア)のモスクワ郊外の宇宙飛行士訓練センターで訓練を受け、1990年12月2日、ソユーズ宇宙船TM-11で宇宙に飛び立ちました。ソ連の宇宙ステーションミールに滞在し、実験の様子や宇宙での生活をリポートし、生放送で地上へ伝えました。世界で初めて宇宙に飛んだジャーナリストで、宇宙飛行した初の日本人です。12月10日、先にミールとドッキングしていたソユーズ宇宙船TM-10で帰還しました。
飛行後TBS報道局次長となり、その後、国際ニュースセンター長を兼務しました。1995年末にTBSを退職、現在は福島県で農業を営み、無農薬栽培やシイタケの栽培を実践しています。そのかたわら、宇宙での体験、食糧、環境問題を語る講演活動、執筆活動を行っています。

1. 同じロケット、宇宙船に乗った宇宙飛行士はいるの?
ソユーズ宇宙船TM-11には、ソ連空軍所属の宇宙飛行士、ビクトル・アファナシエフ船長、ムサ・マナロフ機関士が同乗し、ともに宇宙ステーションのミールに乗り組みました。マナロフはこの飛行で延べ541日31分の当時の宇宙滞在最長記録を達成しています。秋山宇宙飛行士は、先にソユーズ宇宙船TM-10で飛行しミールに滞在していたゲンナジー・マナコフ船長、ゲンナジー・ストレカロフ機関士とともに、ソユーズ宇宙船TM-10で帰還しました。

2. 宇宙でどのようなことをおこない、どんなことに成功しているの?
秋山宇宙飛行士は、日本人で初めての宇宙飛行士になりました。また、ジャーナリストとして世界で初めての宇宙飛行を経験し、宇宙ステーションミールの内部を直接取材することができました。ミールではニホンアマガエルの生態観察や、秋山宇宙飛行士が被験者となり睡眠実験が行われました。また、ミールに乗り組んでいたほかのクルー(乗組員)との交流や、多くの宇宙飛行士が悩まされている「宇宙酔い」をレポートするなど、宇宙ステーション内の様子をジャーナリストの視点から、テレビ、ラジオ中継することができました。移り変わる地球の様子やミール内部を、秋山宇宙飛行士が撮影したスチール写真やビデオ映像は、貴重な資料として活用されています。

3. どれくらいの時間、宇宙を飛んでいるの?
ソユーズ宇宙船TM-11で宇宙に向かい、宇宙ステーションミールに滞在し、ソユーズ宇宙船TM-10で地球に帰るまで、9日間(144周)の宇宙飛行でした。

※参考文献:秋山豊寛「宇宙特派9日間」小学館秋山豊寛+菊地涼子「こちら宇宙特派員!」毎日新聞社、立花隆/秋山豊寛「宇宙よ」文藝春秋、秋山豊寛/和田久士「日本人宇宙飛行士公式写真記録集」小学館