JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

さんかく座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:さんかく座(三角座)
学名:Triangulum
小分類:北半球
構成する主な星雲、星団、恒星:M33(渦巻き星雲)/カプト・トリアングリー(アルファ星)
神話の主な登場人物:−
日本で観測できる時期:9月~3月の約7ヵ月間
見ごろの季節:秋(20時正中は12月中旬)

古くからある星座で、秋の夜、天頂付近に細長い2等辺3角形を見つけることができます。形が整っているので、小さい割に見つけやすいのが特徴です。また3角形の頂点からややアンドロメダ座寄りに、渦巻き星雲M33を見ることができます。大きく明るい星雲ですので、小望遠鏡でもきれいな渦巻きを見ることができるでしょう。

1.見つけ方のポイント
秋の頃、天頂付近からやや東寄りの空、アンドロメダ座のちょうど腰の脇あたりに、3個の星が小さく細長い3角形を作っているのが見つかります。それがさんかく座です。小さく、さほど明るくもない星座ですが、形がまとまっているのでよく目立ちます。見つけやすいでしょう。

2.神話の内容について
神話とは関係なく、そのものずばり三角定規を表した星座です。しかし、歴史は古く紀元前1200年頃の古代ギリシャ、ヒッパルコスの時代には知られていました。ギリシャ文字のΔ(デルタ)に似ているため、「デルトトン」と呼ばれたこともあります。

3.同じ時期に見える星座について
秋の空の天頂付近に見える星座です。すぐ東にはアンドロメダ座とペガスス座、北にはペルセウス座カシオペア座、南にはおひつじ座やうお座などを見ることができます。

4.主要都市での観測について
日本全国で良好に観測することができます。

※参考文献:「星座クラブ」沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑」藤井旭著(成美堂出版)、「星座・夜空の四季」小学館の学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行」瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド」沼澤茂美、脇屋奈々代著(ナツメ社)