JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

TRMM

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:熱帯降雨観測衛星「TRMM」/Tropical Rainfall Measuring Mission(TRMM)
小分類:地球観測衛星
開発機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))/アメリカ航空宇宙局(NASA)/郵政省通信総合研究所
運用機関・会社:宇宙航空研究開発機構(JAXA)/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1997年11月28日
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:H-II
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)
国際標識番号:1997074A

熱帯降雨観測衛星「TRMM」は世界で初めて人工衛星からの降雨観測を行ないます。エルニーニョ現象や砂漠化など、地球規模の環境変化を知り、その仕組みを明らかにするために、長期で広範囲な観測を行ないます。
この衛星計画は日米共同プロジェクトとして、宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))が主要観測機器の降雨レーダの開発を郵政省通信総合研究所の協力で開発し、H-IIロケットの打と上げを担当します。NASAが衛星本体と降雨レーダ以外の観測機器の開発、データ中継衛星を用いた衛星の運用を担当します。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
熱帯降雨観測衛星には、観測装置として降雨レーダ(PR=PrecipitationRadar)、TRMMマイクロ波観測装置(TMI=TRMM Microwave Imager)、可視赤外観測装置(VIRS=VisibleInfrared Scanner)、雲および地球放射エネルギー観測装置(CERES=Clouds andthe Earth's Radiant Energy System)、雷観測装置(LIS=Lightning ImagingSensor)をのせています。重量は3.62トンです。
PRとTMIはマイクロ波帯のセンサで、雲を通して直接雨を観測できます。TMIは広い観測幅を持ち、おもに海上の降雨についての定量的な観測が可能です。PRは観測幅は狭いものの、海上、陸上を問わず定量的観測ができ、降雨の高さ方向のプロファイルを求めることができます。VIRSは雲の高さ、特性などを高い空間分解能で測定できます。

2.どんな目的に使用されるの?
地球規模の気象変動の解明や環境変化のモニターに重要な熱帯地域の降雨強度やその分布に関わるデータ取得、地球表面からの熱輻射の観測などを目的としています。

3.宇宙でどのようなことをし、今はどうなっているの?
1997年11月28日に打ち上げられた後、順調に観測を行っています。取得された観測データは、日本(JAXA)および米国(NASA)で処理、解析が進められています。

4.どのように地球を回るの?
高度約350km、軌道傾斜角約35度。太陽非同期軌道です。
これまでの地球観測衛星は同時刻に同一地点の上空を通過する太陽同期軌道ですが、これとは異なる軌道(太陽非同期)を取っているので、この新たな軌道からの観測の有用性が期待できます。