JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

人工衛星の代表的な軌道(1)

シェア

関連情報

地上からつねに静止して見える、「静止軌道」の衛星

軌道傾斜角度0度、つまり、赤道上空の高度約36,000kmの円軌道を毎秒約3kmの速度で周回する軌道です。衛星の周期は、地球の自転周期と同じ約24時間なので、地上から見るとつねに静止しているように見えます。そのため「静止衛星」といわれるのです。気象衛星や放送衛星など、広く利用されています。

衛星の周期が地球と同じため、つねに同じ上空を飛行しているように見えます。
衛星の周期が地球と同じため、つねに同じ上空を飛行しているように見えます。

「同期軌道」の衛星は1日1回地球を回り、もとの場所にもどる

1日に1回、地球のまわりを回って、またもとの地表面上空にもどってくる軌道を「同期軌道」(どうききどう)といいます。衛星の公転周期は地球の自転周期と同じです。静止軌道もこの同期軌道の一種ですが、静止軌道とのちがいは、軌道傾斜角度が0度にかぎらないことと、だ円軌道の場合もあることです。静止軌道ではカバーの困難な地球の高緯度地方の観測や通信に適しています。

円軌道の場合、北緯60度の上空を飛んでいた衛星が、12時間後には南緯60度、さらに12時間後には北緯60度の同一地点の上空にもどります。
円軌道の場合、北緯60度の上空を飛んでいた衛星が、12時間後には南緯60度、さらに12時間後には北緯60度の同一地点の上空にもどります。

「回帰軌道」の衛星は、その日のうちにもとの場所の上空にもどる

「回帰軌道」(かいききどう)とは、24時間以内に地球上空を何周か回り、元の地表面上空にもどってくる軌道です。衛星の公転周期は地球の自転周期の整数分の1で、近地点約600km、遠地点約4万kmの長だ円軌道の衛星の周期は約12時間で、1日に2度、同一地点の上空にもどってきます。この軌道に打ち上げられた衛星は、高緯度地方の通信や観測に適しています。

近地点が約600km、遠地点約40,000kmの長だ円軌道の衛星の周期は、約12時間となり、1日に2度、同一地点の上空へもどってきます。
近地点が約600km、遠地点約40,000kmの長だ円軌道の衛星の周期は、約12時間となり、1日に2度、同一地点の上空へもどってきます。

「準回帰軌道」は、数日後に同じ場所の上空に衛星がもどる

1日に地球を何周も回り、数日後に定期的に元の地表面上空にもどってくる軌道です。地球観測衛星「ランドサット」も近地点約680km、遠地点約700km、周期98.5分で、1日に地球を15周し、16日後にはもとの地表面上空にもどってきます。この場合、「回帰日数16日の準回帰軌道」といいます。長期間、定期的に地球を観測するのに適しています。

地球を何周も飛行して、数日後にふたたび同一地点の上空にもどってきます。(この場合は、ランドサットの例)
地球を何周も飛行して、数日後にふたたび同一地点の上空にもどってきます。(この場合は、ランドサットの例)